【WTCC】ハンガリー:シトロエンのバラスト50kg→60kgに変更

WTCC第3戦ハンガリーラウンドで、シトロエンC-Elysee WTCCは前回よりも10kg増加した60kgのバラストを搭載する予定だ。

 今週末行われるWTCC(世界ツーリングカー選手権)第3戦ハンガリーラウンドで、シトロエンC-Elysee WTCCは前回よりも10kg増加した60kgのバラストを搭載する予定だ。

 バラスト量の変更に関する公式発表は未だないが、以前FIAが算出した平均ラップタイムの計算に誤ちがあったため、このような調整が行われたとみられている。

 シトロエンC-Elysee WTCCは、これまでの2ラウンドでホンダとボルボよりもラップタイムが0.3秒遅いと算出され、ウエイトの重量に変更の必要はないものとされていた。しかし実際には0.2秒であったことが判明している。

 他のすべての車重とタイム差に変更はなく、ホンダとボルボはそれぞれ最大積載量となる80kgのバラストを搭載し、シボレー・クルーズとラダ・ヴェスタは、バラスト搭載量ゼロでハンガロリンクに挑むことになる。

Neil Hudson / TouringCarTimes

【関連ニュース】

【WTCC】モンツァ決勝:道上2レースともリタイア。ビョーク優勝

【WTCC】不完全燃焼の道上龍「正式なPPを獲得したい」と決意を新たに

【WTCC】道上龍「ストラテジーが足枷になり、思ったタイムが出せなかった」

【WTCC】開幕戦マラケシュ決勝:メインレースでホンダ1-2。道上10位

【WTCC】道上龍「僕が”がむしゃら”に走る姿を見て欲しい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCC
イベント名 ブダベスト
サーキット ハンガロリンク
記事タイプ 速報ニュース