【WTCC】ホンダ&ボルボ、ハンガリーでバラスト80kg搭載

WTCCに参戦中のボルボとホンダは、次戦ハンガロリンクで最大のハンデウエイトを搭載することになった。

 すでに今シーズンの2レースを消化したWTCC(世界ツーリングカー選手権)。そのマラケシュとモンツァの週末の各車のベストタイムを基に、新たなバラスト積載量がFIAにより算出された。

 今季ここまで、先頭を激しく争うホンダ・シビックWTCCとボルボS60 TC1。ここまでの2イベントでは、いずれもバラスト積載量ゼロでレースが行われてきたが、速さを見せたシビックとS60には、最大積載量となる80kgが、ハンガリーラウンドで積まれることになる。

 シトロエンC-Elysee WTCCは、1/3秒遅いと算出されているため、以前と同様50kgのバラストを搭載する。また、シボレー・クルーズとラダ・ヴェスタは、バラスト搭載量ゼロでハンガロリンクに挑むことになる。

Neil Hudson / TouringCarTimes

 【関連ニュース】

【WTCC】モンツァ決勝:道上2レースともリタイア。ビョーク優勝

【WTCC】不完全燃焼の道上龍「正式なPPを獲得したい」と決意を新たに

【WTCC】道上龍「ストラテジーが足枷になり、思ったタイムが出せなかった」

【WTCC】開幕戦マラケシュ決勝:メインレースでホンダ1-2。道上10位

【WTCC】道上龍「僕が”がむしゃら”に走る姿を見て欲しい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCC
イベント名 ブダベスト
サーキット ハンガロリンク
チーム Honda Racing Team JAS , Polestar Cyan Racing
記事タイプ 速報ニュース