【WTCC】日本ラウンドの観戦チケット7月22日発売開始

WTCC日本ラウンドの観戦チケットが7月22日(土)から販売されることが発表された。ローチケHMVでは7月17日(月)から先行販売される。

 ホンダ、ボルボ、シトロエン、シボレーなど、世界中の自動車メーカーの”ツーリングカー”が、その覇権をかけて争う世界ツーリングカー選手権(WTCC)。10月28日(土)と29日(日)にツインリンクもてぎでWTCCの日本ラウンド開催されるが、その観戦チケットは7月22日(土)から発売される。

 今季のWTCCは、ホンダが活躍しているのもさることながら、日本から道上龍がHonda Racing Team J.A.S.のマシンを駆ってフル参戦を開始し、例年以上に注目を集めている。

 その道上は、先日のヴィラ・レアル戦でリバースグリッドながらも自身初のポールポジションを獲得。残念ながらレースではマシントラブルに見舞われてしまったが、着実にWTCCに慣れ、そのパフォーマンスを向上させてきている。しかもツインリンクもてぎは昨年スポット参戦した土地であると共に、スーパーGT等でも走り込んだ勝手知ったるコース。その活躍が期待される。

 そのWTCC日本ラウンドの観戦券が、7月22日(土)から発売スタート。ゆうえんちパスポート1日分が付いた前売り観戦券は、大人(高校生以上)5,000円、学割(高校生以上の学生)2,500円、子ども(小・中学生)1,800円、幼児(3歳〜未就学児)1,000円と、実にリーズナブルな価格設定。V、G、Zエリアのエリア指定券付きなら、大人(高校生以上)6,500円、子ども(3歳〜中学生)3,400円となっている。またこの他、ローソンシートやHonda応援シート、VIPテラスプレミアムやVIPスイートといった1ランク上の観戦プランも用意されている。

 また、ツインリンクもてぎへマイカーでアクセスする場合は、前売駐車券を抑えておくのがオススメ。4輪車で1,500円、2輪車で500円(いずれも2日間通し券)と設定されている。

 なおローチケHMV(http://l-tike.com/sports/circuit/twinring/)では、7月17日(月・祝)の12時30分から、観戦券等の先行販売が行われる予定だ。

 さらに、WTCC決勝レース当日には、ホンダ・シビックのオーナーを対象とした『WTCCシビックミーティング』、欧州車オーナーを対象とした『WTCCユーロカーオーナー限定パレードラップ』を開催。いずれも台数限定で、7月22日(土)から、ツインリンクもてぎ公式ホームページのエントリーフォームから申し込むことができる。

 チケットやイベントの詳細など、詳しくはツインリンクもてぎのホームページ(http://www.twinring.jp/wtcc_m/)まで。

【関連ニュース】

WTCCポルトガル決勝:道上トラブルで初のPPスタートを活かせず

トム・コロネル、消防車にクラッシュ。25Gもの衝撃を受ける

道上龍が語る、WTCCとTCRの違いと共通点「役に立つ部分があるかも」

道上龍「今は試行錯誤。後半戦からは上位争いに加わりたい」

道上龍「僕が”がむしゃら”に走る姿を見て欲しい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCC
イベント名 もてぎ
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース