F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days

【WTCC】道上龍「僕が”がむしゃら”に走る姿を見て欲しい」

シェア
コメント
【WTCC】道上龍「僕が”がむしゃら”に走る姿を見て欲しい」
2017/03/22 7:22

モンツァのWTCC合同テストを終えた道上龍は、久々のフル参戦に気を引き締めると共に、「がむしゃらに戦う」と意気込みを語った。

Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC ; Norbert Michelisz, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC; Tiago Monteiro, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC
Ryo Michigami, Honda Racing Team JAS, Honda Civic WTCC

 今季から新たに道上龍がフル参戦を果たすこととなった、ホンダのWTCCプログラム。先週、イタリアのモンツァで合同テストが行われ、ホンダ勢はティアゴ・モンテイロとノルベルト・ミケリス(いずれもカストロール・ワールド・ツーリングカー・チーム)、道上龍(Honda Racing Team JAS)の3人が参加。開幕戦マラケシュ(モロッコ)に向けた調整を行った。

 今回のテストのプログラムについて、ホンダのCivic WTCC開発プロジェクトリーダーである古川隆一は次のように語る。

「今回の合同テストは、初めて3台とも2017年仕様の車体を投入して臨みました。開幕戦に向けてのテストが中心で、新しいアイテムというのは前回のテストからあまり入ってはいません。新しい車体のシェイクダウンということもあり、ドライバーの反応としては、セッティングがまだちょっと煮付けきれていないかなという印象でした」

「道上選手も、開幕戦仕様の車体に初めて乗って、まだ感触が掴みきれていないようです。エンジンは道上選手のマシンにだけ改良型のものを入れています。その点でも乗り慣れるまでは時間がかかりましたが、ニュータイヤでそこそこのいいタイムが出ていたので、全体としてはよかったかなと思います」

 このテストでのトップタイムは、シトロエンのロブ・ハフが記録した1分52秒497だった。ホンダ勢トップのモンテイロは、そこから約1秒遅れの1分53秒509。道上はさらに1秒遅れた1分54秒522だった。これについて古川プロジェクトリーダーは、次のように説明する。

「タイム差については、お互いに積んでいるウエイトがはっきりわからないので、なんとも言えない部分はありますが、我々のパフォーマンスとしては、まだ改良の余地があると思ってます。開幕に向けてさらに速さを詰めていきたいと思います」

「開幕に向けては、もちろん初戦のマラケシュで1-2-3を獲ることを目指し、それには、まず予選でトップを取るということを目指します」

 WTCCフル参戦初年度を迎える道上は、その決断に至った経緯について、改めて語った。

「昨年スポットで日本大会に出ましたが、それはまだお試しという感じでした。昨年末くらいから、来年出るかもということになって一気に話がまとまり、1月からテストに参加しています」

「一線を退いて4年くらい乗っていない期間があったし、GTやSFのチームをやり、そのチームを良くしようということを考えていたので、また自分がドライバーとしてやることになって、本当に走れるのかとか、ホンダのワークスとしてやっていけるのかとか、色々不安がよぎったのが正直なところでした。でもそういうお話をいただいて、僕もホンダで育ってきて、断る理由はないと思いました。年齢という部分での不安はないです。ただ、今まで自分が日本のレースでやってきたことがツーリングカーの世界選手権で通用するのかなという不安はありますが、全力で戦います」

 まだWTCCに慣れていないと感じているという道上だが、参戦することによって、さらに自身をステップアップさせたいと考えている。

「まだ今の時点では、慣れたかというとそうでもない。やはりレースをやっていく中でしか分からないこともあると思います。コミュニケーションもまだまだ足りないと思っています。でも世界の舞台で戦うということを通じて、自分をさらに成長させようとも思っています」

「この経験で自分のレース人生をさらにステップアップさせようという思いと、それを楽しみにしている面もありますね」

 初年度ながら結果が求められる難しい立場。道上はそれを十分に認識し、すべてを出し切ると誓う。

「初めて行くサーキットがほとんどなので、短い時間でコースを覚え、走り方を考えなきゃいけない。前輪駆動で大出力エンジンを搭載したWTCCという特別なマシンだけに難しい部分もありますが、全てを出し切って戦う覚悟です」

「日本でもWTCCのテレビ放映があるということなので、僕ががむしゃらにやっている姿を見て欲しいですね。うまくいかないこともあると思いますが、結果を求められていることも十分に理解しているので、目一杯頑張りますから、応援よろしくお願いします」

 WTCCの2017年開幕戦マラケシュラウンドは、4月7日〜9日にかけて開催される。

【関連ニュース】

【WTCC】モンツァ合同テスト。ロブ・ハフが連日の首位

【WTCC】道上龍フル参戦決定! ホンダ、2017年参戦体制を発表

【WTCC】2019年からClass One規則導入を検討中か?

【WTCC日本】3年振り現役復帰。道上龍は「ケンカレース」をどう闘ったのか?

【WTCC日本】WTCCドライバー、日本の国技”相撲”を語る

昨年の日本ラウンドにスポット参戦した道上。レースを前に”土俵入り”しモンテイロと対戦

次の記事
【WTCC】モンツァ合同テスト。ロブ・ハフが連日の首位

前の記事

【WTCC】モンツァ合同テスト。ロブ・ハフが連日の首位

次の記事

【WTCC】開幕戦マラケシュ予選:モンテイロ首位、道上9位も降格処分

【WTCC】開幕戦マラケシュ予選:モンテイロ首位、道上9位も降格処分
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WTCC
ドライバー 道上 龍