【WTCC】開幕戦マラケシュ予選:モンテイロ首位、道上9位も降格処分

ホンダのティアゴ・モンテイロが、WTCC開幕戦マラケシュラウンドでトップタイムを記録。フル参戦デビューの道上は9位だった。

 WTCC(世界ツーリングカー選手権)開幕戦マラケシュ戦の予選が行われ、ホンダのティアゴ・モンテイロが首位。レース2のポールポジションを獲得した。ボルボのネスター・ジローラミが0.239秒差で2手につけた。今季からWTCCにフル参戦することになった道上龍(ホンダ)はQ2進出を果たし、9位となったが、セッション後に車検担当者への報告を怠ったとして、レース1、レース2共に13番グリッドからのスタートとなっている。

 予選Q1でトップタイムを記録したのは、ホンダのノルベルト・ミケリスだったが、Q2ではモンテイロがこれを逆転し、トップでQ3進出を果たした。このQ3でもモンテイロは最速タイムを記録し、5ポイントとレース2のポールポジションを獲得している。

 予選Q2で2位だったミケリスは、Q3ではジローラミの先行を許して3位。ロブ・ハフ(シトロエン)が4位、メフィディ・ベナーニ(シトロエン)が5位になっている。

 レース2はこれらのドライバーがトップ5からスタートするが、レース1はQ2結果のリバースグリッド。当初の結果であれば新人のヤン・アーラッハー(ラダ)がQ2で10番手だったため、ポールポジションからスタートするはずだったが、彼も道上同様に車検委員への報告を怠ったとして、14番グリッドに降格。結局、Q2で12位だったシボレーのトム・コロネルがポールポジションからスタートすることになった。

【関連ニュース】

【WTCC】道上龍「僕が”がむしゃら”に走る姿を見て欲しい」

【WEC】WTCC絶対王者ロペス、WECに挑戦「新たな刺激が必要だった」

ホンダ山本部長に訊く”ホンダのモータースポーツ活動の役割”

【WTCC】モンツァ合同テスト。ロブ・ハフが連日の首位

【WTCC】道上龍フル参戦決定! ホンダ、2017年参戦体制を発表

WTCC開幕戦マラケシュ 予選結果:
Pos.DriverCarTimeGap
1 portugal Tiago Monteiro  Honda 1'21.792  
2 argentina Nestor Girolami  Volvo 1'22.031 0.239
3 hungary Norbert Michelisz  Honda 1'22.097 0.305
4 united_kingdom Rob Huff  Citroen 1'22.309 0.517
5 morocco Mehdi Bennani  Citroen 1'22.412 0.620
Q3 cut-off: 1'22.568
6 netherlands Nicky Catsburg  Volvo 1'22.692 0.870 (to best in Q2)
7 sweden Thed Björk  Volvo 1'22.797 0.975
8 united_kingdom Tom Chilton  Citroen 1'22.813 0.991
9 japan Ryo Michigami  Honda 1'23.034 1.212
10 france Yann Ehrlacher  LADA 1'23.063 1.241
11 argentina Esteban Guerrieri  Chevrolet 1'23.228 1.406
12 netherlands Tom Coronel  Chevrolet 1'23.479 1.657
Q2 cut-off: 1'23.628
13 hungary Daniel Nagy  Honda 1'23.799 1.638 (to best in Q1)
14 france John Filippi  Citroën 1'24.043 1.882
15 france Aurelien Panis  Honda 1'24.399 2.238

Neil Hudson / TouringCarTimes

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCC
イベント名 マラケシュ
サーキット Circuit International Automobile Moulay El Hassan
ドライバー Nestor Girolami , Norbert Michelisz , Tiago Monteiro
チーム Honda Racing Team JAS
記事タイプ 予選レポート