タルキーニとホンダのミケリス、ヒュンダイから2018年WTCRフル参戦

ミケリスはホンダからヒュンダイに移籍し、新シリーズである世界ツーリングカーカップに参戦する。

 2017年世界ツーリングカー選手権(WTCC)でランキング2位だったノベルト・ミケリスは、ホンダからヒュンダイに移籍し、新シリーズである世界ツーリングカーカップ(WTCR)に参戦する。

 ミケリスのチームメイトとなるのは、昨年BRCレーシング・チームでTCRに参戦したガブリエル・タルキーニである。

 ヒュンダイはマシン供給先であるBRCレーシングとともにヒュンダイi30 N TCRの開発を行ってきた。サーキットレース用に開発されたヒュンダイ初のマシンであるi30 N TCRは、2018年のWTCRに参戦することを念頭に置かれて開発が進められてきており、2017年終盤にはTCRインターナショナルに2回参戦している。

 その際、BRCレーシングのタルキーニとアラン・メニュが1台のマシンをドライブ。タルキーニは中国・浙江省に建設された新サーキットである寧波国際サーキットで行われたTCRインターナショナルシリーズ戦でデビューウインを飾っている。

「昨年までi30 N TCRのテストを行ってきたため、マシンのことはよく理解している」とタルキーニ。

「2018年シーズンは、私もチームも経験を積むことができる素晴らしい機会になるだろう。それと同時に新しいシリーズで上位争いしなくてはいけない」

「私は再びフル参戦することを楽しみにしている。新しいシリーズは非常に厳しい戦いになるだろう」

 5年間ホンダとともにWTCCに参戦してきたミケリスは、2018年シーズンよりヒュンダイへ移籍する。

 ミケリスは2017年シーズン中にホンダのティアゴ・モンテイロが負傷したため、一躍ドライバーズランキングの優勝候補となった。しかし、最終戦カタールの予選でトラブルに見舞われ、決勝でボルボのテッド・ビョークに敗れたことでランキング2位でシーズンを終えた。

「キャリアをスタートした時と同じ気持ちでいるよ」とミケリスは語る。

「僕は新しいチーム、新しいクルマ、新しい選手権で仕事をする。これは僕にとって大きなモチベーションになる新たな挑戦だ」

「あと、ガブリエルと再び仕事することが楽しみだ。シリーズがスタートする前に彼の経験から学ぼうと思う」

「昨年テストのために参戦したi30 N TCRが勝利したこともそうだが、2018年シーズンは勝利やタイトルのために戦うことができると僕は確信している」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCR , WTCC
ドライバー Norbert Michelisz
記事タイプ 速報ニュース