モンテイロ、WTCR開幕戦を欠場。クラッシュの影響残り、復帰は未定

ティアゴ・モンテイロは、昨年9月のテストで喫したクラッシュでの負傷の影響が残っており、WTCRの開幕戦を欠場するようだ。

 昨年9月に行われたテストで大クラッシュを喫したティアゴ・モンテイロは、今年から新たに始まる世界ツーリングカーカップ(WTCR)開幕戦でのレース復帰を断念したようだ。

 モンテイロは、昨年のWTCC(世界ツーリングカー選手権)にカストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカー・チームから参戦。シーズン前半を終えた段階でポイントリーダーの座を守っていた。

 しかし彼は、9月はじめにバルセロナで行われたテストで大クラッシュを喫してしまった。高速でバリアに突っ込んでしまったものの負傷はないとの報道もあったが、セカンドインパクトに対するリスクが高いとして残りの4戦を欠場。ランキング8位でシーズンを終えていた。

 WTCCがTCRシリーズと統合されWTCRとして新たにスタートする今年、モンテイロはブーツェン・ジニヨン・レーシングからの参戦を発表。規定こそ違えど、2017年のWTCCと同じくホンダ・シビックをドライブすることが決まっていた。

 モンテイロは今年の初めには市販車を運転し始めており、3月にはホンダ・シビックTCRをテスト済み。しかし、2週間後に迫ったWTCRの開幕戦マラケシュを欠場することを決めたようだ。なお復帰について、特定の期限は設けていないという。

「人体には、科学でも正確に予想できないことが起こる可能性があることは分かっていた」

 そうモンテイロは語った。

「体調については、かなり良く回復している。だが、まだ僕の視力については同じことが起こっていない。その結果、僕はまだレースに戻ることができない」

「僕の回復は目覚しいものであり、医療チームから受けた処置は信じられないほど素晴らしいものだった。しかし、単純にこの段階でリスクを冒すことはできない」

「できることは全部やったが、僕の身体と視力はまだ完全には回復していない」

「チームには、(WTCR参戦の)素晴らしいチャンスを与えてくれたことに感謝しているし、僕を支えようとたゆまぬ努力をしてくれた。もちろん、欠場は信じられないほど残念だ」

「僕は、事故の影響を完全に払拭してから、新しいシーズンに向けてスタートすることを望んだ」

「これはまだ可能なことではないが、できる限り一生懸命治療を続けるし、すぐに何もかもが元通りになることを期待している」

「コース上にはいないかもしれないが、チームに帯同して自分にできる限りの貢献をするつもりだ。チームの精神を維持し、サポートを提供することは非常に重要だ」

 モンテイロの代役は、チームとともにTCRベネルクスを制したベンジャミン・レセンスが務める予定だ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCR
ドライバー Tiago Monteiro
記事タイプ 速報ニュース