WTCR、鈴鹿でスーパーフォーミュラ最終戦との同日開催が正式決定

モビリティランドは、WTCRの日本ラウンドとスーパーフォーミュラの最終戦を鈴鹿サーキットで同日開催することを発表した。

 株式会社モビリティランドは、2018年から新たにスタートするワールド・ツーリングカーカップ(WTCR)のプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツ、全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する全日本レースプロモーションと協議の上で、両レースを2018年10月27日(土)・28日(日)に同日開催することを決定した。

 WTCRは、昨年まで開催されていた世界ツーリングカー選手権(WTCC)がTCRインターナショナルシリーズと統合したことで生まれたシリーズで、TCRの技術規則を採用している。

 WTCCの日本ラウンドは3年連続でツインリンクもてぎで行われていたが、WTCRの2018年暫定スケジュールが発表された時点で開催地が鈴鹿サーキットに変更。最終戦JAF鈴鹿グランプリを開催するスーパーフォーミュラと同じ週末にレースが行われる予定となっていたが、両カテゴリーの同日開催が正式に決定された形だ。

 関係する各団体のトップは以下のようにコメントを寄せている。

ユーロスポーツ・イベンツ フランソワ・リベイロ 代表

「伝統的で世界的にも評価の高い鈴鹿サーキットにおいて、新たにスタートするWTCRを開催できることを心から嬉しく思います。この決定にあたり、多大な理解をしていただいた株式会社日本レースプロモーションおよび株式会社モビリティランドに感謝いたします。スーパーフォーミュラのシーズン最終戦という素晴らしい舞台とともに、より多くのモータースポーツファンにWTCRのバトルの迫力を楽しんでいただける最高の週末を提供します」

 株式会社日本レースプロモーション 倉下明 代表取締役社長

「昨年5月にイタリア・モンツァでTCRのレースを観戦する機会に恵まれました。スーパーフォーミュラは、ご承知のとおり、フォーミュラカーのレースとして進化を続け、1000分の1秒を争う精緻な競技ですが、一方のTCRは『車が好きでレースが好き』という人たちがサーキットに集い、シンプルに競走を楽しむという、自動車レースの原点のようなものを感じさせてくれました。そんなキャラクターの全く違う2つのレースを、一度に楽しめる素敵な機会を創出してくださったユーロスポーツイベンツ、株式会社モビリティランドをはじめとする関係者の皆様に深く感謝いたします」

株式会社モビリティランド 山下晋 取締役社長

「このたび、2018年より新たにスタートするWTCRを、全日本スーパーフォーミュラ選手権とともに10月に鈴鹿サーキットで開催することを決定いたしました。世界中で人気を博すTCR規定車両によるレースと、世界からも注目を集める国内トップカテゴリーのスーパーフォーミュラが一度に楽しめる週末となり、より多くのファンの皆様にお楽しみいただけることを確信しています。開催決定にあたりご理解とご協力をいただいたユーロスポーツイベンツや株式会社日本レースプロモーションをはじめ、関係する皆様に心から感謝いたします」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCR , スーパーフォーミュラ
記事タイプ 速報ニュース