WTCRでホンダ・シビック駆るミュニッヒの体制発表。新たにジロラミ加入

シェア
コメント
WTCRでホンダ・シビック駆るミュニッヒの体制発表。新たにジロラミ加入
2019/01/30 7:11

2019年のWTCRに2チーム4台体制で参戦を予定しているホンダ。その1チーム目として、ミュニッヒ・モータースポーツの体制が発表された。

 FIA世界ツーリングカー・カップ(WTCR)に参戦するALL-INKL.COMミュニッヒ・モータースポーツの、2019年参戦体制が発表。エステバン・グエリエリの継続起用に加え、ネストール・ジロラミが加入する。

 34歳のグエリエリは、昨シーズンのWTCRランキング3位。WTCRの前身とも言えるWTCC(世界ツーリングカー選手権)では、ホンダ・レーシング・チームJASの一員として戦っていた。

 ジロラミは、グエリエリと同じアルゼンチン出身の29歳。2015年のWTCCではスポット参戦でシビックを駆った経験があり、2017年にはボルボのドライバーとして、ホンダと直接争っていた。

 また今回の発表では、2017年のWTCCシーズン途中からケガで戦線を離れ、昨年鈴鹿で行われたWTCR第9戦で復帰を果たしたティアゴ・モンテイロについて、2019年はシリーズ参戦が予定されていることも明かされた。所属チームやチームメイトについては後日発表される。

 WTCR参戦チームへのテクニカルサポートは、シビックTCRの開発と製造を行うJASモータースポーツが担当。各ラウンドにおいて技術的なアドバイスやスペアパーツの供給を通じて、チームやドライバーのタイトル挑戦を支えていくとしており、ホンダとしては今季は2チーム4台の参戦を計画しているという。

 2019年に2年目のシーズンを迎えるWTCR。WTCCとは異なり、ワークスチームとしてメーカーが参戦することはできないが、多くのプロドライバーがグリッドに並び、エントリー上限枠を拡大する可能性もあるなど、勢いが増してきている。

次の記事
モンテイロ、WTCR開幕戦を欠場。クラッシュの影響残り、復帰は未定

前の記事

モンテイロ、WTCR開幕戦を欠場。クラッシュの影響残り、復帰は未定

Load comments

この記事について

シリーズ WTCR
ドライバー Esteban Guerrieri , Nestor Girolami , Tiago Monteiro
チーム Münnich Motorsport