中国GP FP1レポート:少ない走行時間の中、メルセデス1-2。タイヤトラブルが多発

2016年のF1第3戦中国GPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグがトップタイムを記録した。

 タイヤのレギュレーションが変更されたことで、フリー走行1回目から、各チーム思い思いのタイヤを履いてコースインしていく。昨年は、各車プライムタイヤを使っていた光景から比べると、非常に新鮮に映る。

 まず最初にタイムを計測したのは、メルセデスの2台。ミディアムタイヤを履いての計測だった。一方フェラーリはセバスチャン・ベッテルにソフトタイヤ、キミ・ライコネンにミディアムタイヤを履かせ、双方のタイヤの性能チェックを行う。マクラーレン・ホンダは、最初にソフトタイヤで1周走行した後、スーパーソフトを早速投入。セッション序盤の時点ではあるものの、ジェンソン・バトンが4番手、これが復帰戦となるフェルナンド・アロンソが7番手と、好タイムを記録している。

 セッション開始17分ほど経過したところでトラブル発生。ターン6のブレーキングでウイリアムズのフェリペ・マッサが大きくスピンしてコースアウトしてしまう。マッサは「何か壊れた」と無線を飛ばすが、映像では左のリヤタイヤが明らかにパンクしているのが確認できる。このトラブルでコース上には部品が散乱し、セッション開始25分後〜32分後までの7分間、赤旗中断となる。

 セッション再開後、各車が順調に周回を重ねていくが、残り35分となったところで再びマッサのマシンの左リヤタイヤがパンク。さらにその直後にはルノーのケビン・マグヌッセンも同じく左リヤタイヤをパンクさせる。特にマグヌッセンは、この影響によりサスペンションとリヤウイングを壊してしまった。これにより、このセッション2回目の赤旗中断。コースの清掃が行われるとともに、同様のパンクが相次いだことで、コースの不具合が疑われ、そのチェックが行われることとなった。

 結局長い中断期間を経て、残り8分という時点からセッション再開。多くのマシンがソフトタイヤを装着して計測ラップを行う中、トップタイムを記録したのはメルセデスAMGのロズベルグ。2番手にもハミルトンがつけ、いつもの通り、メルセデスAMGが1-2。以下ベッテル、ダニエル・リカルド(レッドブル)、ライコネンと続いた。マクラーレン・ホンダは、バトン8番手、アロンソ12番手となっている。

フリー走行1回目リザルト:

PosDriverTeamTimeGapLaps
1 GermanyNico Rosberg  GermanyMercedes 1:38.037 1:38.037 16
2 United KingdomLewis Hamilton  GermanyMercedes 1:38.183 +0.146 16
3 GermanySebastian Vettel  ItalyFerrari 1:38.665 +0.628 12
4 AustraliaDaniel Ricciardo  AustriaRed Bull Racing 1:39.061 +1.024 13
5 FinlandKimi Raikkonen  ItalyFerrari 1:39.155 +1.118 11
6 RussiaDaniil Kvyat  AustriaRed Bull Racing 1:39.625 +1.588 14
7 SpainCarlos Sainz Jr.  ItalyToro Rosso 1:39.676 +1.639 12
8 United KingdomJenson Button  United KingdomMcLaren 1:39.974 +1.937 11
9 GermanyNico Hulkenberg  IndiaForce India 1:40.169 +2.132 13
10 NetherlandsMax Verstappen  ItalyToro Rosso 1:40.232 +2.195 13
11 MexicoSergio Perez  IndiaForce India 1:40.347 +2.310 15
12 SpainFernando Alonso  United KingdomMcLaren 1:40.538 +2.501 11
13 FinlandValtteri Bottas  United KingdomWilliams 1:40.828 +2.791 10
14 FranceRomain Grosjean  United StatesHaas F1 Team 1:41.358 +3.321 9
15 SwedenMarcus Ericsson  SwitzerlandSauber 1:41.393 +3.356 18
16 IndonesiaRio Haryanto  United KingdomManor Racing 1:41.614 +3.577 20
17 United KingdomJolyon Palmer  FranceRenault F1 Team 1:41.816 +3.779 16
18 GermanyPascal Wehrlein  United KingdomManor Racing 1:42.908 +4.871 14
19 BrazilFelipe Nasr  SwitzerlandSauber 1:42.980 +4.943 8
20 DenmarkKevin Magnussen  FranceRenault F1 Team     6
21 MexicoEsteban Gutierrez  United StatesHaas F1 Team     2
22 BrazilFelipe Massa  United KingdomWilliams     4

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サブイベント 金曜日 フリー走行1回目
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー Nico Rosberg
記事タイプ フリー走行レポート