ホンダ・サンクスデー⑥:アロンソMotoGPバイクで激走。超豪華イベントに幕

大盛り上がりの『Honda Racing THANKS DAY 2016』は、アロンソ&マルケス、バトン&ペドロサの夢の競演で幕を閉じた。

 ツインリンクもてぎで開催された『Honda Racing THANKS DAY 2016』は、2&4スーパー・パフォーマンスと銘打って夢の競演が行われた。

 MotoGPのファクトリーバイクRC213Vや、今季のスーパーGT500クラスを戦ったNSX CONCEPT-GT、スーパーフォーミュラのマシンに加え、フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトン、佐藤琢磨がドライブするNSXなど、ここでしか見られない豪華なラインアップで走行が行われた。

 全車がピットに戻ると、ナンバー『14』をつけたRC213Vに、アロンソがまたがりコースイン。マルケスも再びコースインし、アロンソとの走行を楽しんだ。

「10月にチャンピオンを決めたもてぎに戻ってこられて、すごく嬉しい。これからも続けていきたいと思うので、皆さん応援よろしくお願いします」とマルケスは語った。

 去年に引き続きMotoGPバイクに乗ったアロンソは、「一生忘れられない思い出になった。世界チャンピオンのマルケスと一緒に、世界最速のバイクをもてぎで乗ることができた。昨年と比べてもいい走りができたかなとも思うし、ファンの皆が喜んでくれていると嬉しい。こんな機会を与えてくれてホンダと、ファンの皆に心から感謝!」と語った。

フェルナンド・アロンソとマルク・マルケス(Fernando Alonso & Marc Marquez)
フェルナンド・アロンソとマルク・マルケス(Fernando Alonso & Marc Marquez)

Photo by: Motorsport.com

 バトンは#15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GTに、ペドロサは#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTに乗り、こちらもスペシャルな走行を見せた。

「金曜日にテスト走行させてもらったんだけど、すごく楽しいレーシングカーだよね。もちろんF1と比べるとパワーの面では劣るけど、ドライビングの楽しさという点ではめちゃくちゃ楽しいね」と語ったバトン。

 スーパーGTへの参戦が噂されるバトンだが「皆、噂は信じないでね! とにかくみんなに今伝えられるのは、来年はゆっくり休もうかなって思ってるんだ」と釘を刺されてしまった。

ジェンソン・バトン(Jenson Button)
ジェンソン・バトン(Jenson Button)

Photo by: Motorsport.com

 ペドロサは「ドキドキワクワクしながらめちゃくちゃ楽しんだ。本当はもっと攻められるかなと思ったんだけど、ファンに楽しんでもらえていたら嬉しいな」と語った。 

ダニ・ペドロサ(Dani Pedrosa)
ダニ・ペドロサ(Dani Pedrosa)

Photo by: Motorsport.com

 4人は口々に集まったファンにサポートへの感謝を述べ、アロンソとマルケスはこのイベントを一足早い『クリスマスプレゼントだ』と語った。

 スペシャルな走行が終わると、イベントはいよいよフィナーレへ。2016年シーズンにチャンピオンを獲得したモトクロスやトライアル、ロードレース、MotoGPの計7台のパレードランの後には、スーパースピードウェイのストレート上にマシンが整列し、参加したドライバー、ライダー、監督がずらりと並び、銀テープが舞う中イベントが終了した。

Honda Racing THANKS DAY 2016 フィナーレ
Honda Racing THANKS DAY 2016 フィナーレ

Photo by: Motorsport.com

『Honda Racing THANKS DAY 2016』は、ファンも見るイベントを迷ってしまうほど盛りだくさん。取材をする身としても、身体がもうひとつあっても足りないと思うくらいの豪華さだった。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General , その他
イベント名 Honda Racing THANKS DAY 2016
サブイベント Honda Racing THANKS DAY 2016
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー Dani Pedrosa , Fernando Alonso , Jenson Button , Marc Marquez
チーム Repsol Honda Team , McLaren
記事タイプ 速報ニュース