2021年フォーミュラ・リージョナル王者は古谷悠河に。最終鈴鹿大会で決定

2021年フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップの第5大会が鈴鹿サーキットで行なわれ、古谷悠河が年間王者に輝いた。

2021年フォーミュラ・リージョナル王者は古谷悠河に。最終鈴鹿大会で決定

 2021年フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ(FRJ)の第5大会(最終大会)が鈴鹿サーキットで12月11日、12日にかけて行なわれた。年間王者に輝いたのは、古谷悠河(TOM'S YOUTH)だった。

 岡山、もてぎ、富士、SUGOで行なわれてきたFRJも、鈴鹿大会が最後のラウンドとなった。今回はタイトル争いの行方だけでなく、天然繊維コンポジット素材カウルを用いたマシン(アネスト岩田Dome F111/3)の参戦も話題となった。

 11日に行なわれた予選では、大草りき(PONOS Racing)がレース12、13のポールポジションを獲得した。12日にはまずレース12が開催。大草はスタートで順位を下げてしまい、2番グリッドの小川颯太(SUTEKINA Racing)がレースをリードする展開となった。

 ストップ車両の回収のためにセーフティカーが出され、ファイナルラップにレースが再開されると、小川と大草による激しいバトルが展開されたが、シケインで並びかけた大草がコースオフ。小川がFRJ初優勝を飾った。

 なおこのレースで5位に入った古谷が、2021年シーズンのFRJ王者に輝いた。

 レース12と同日に行なわれたレース13は、大草と古谷による優勝争いが繰り広げられた。しかし最終的には古谷が2.6秒の差をつけてトップチェッカー。自身のタイトル獲得に花を添えた。

 また激戦となっていたマスタークラスも、最終戦でついに決着。鈴鹿大会を前にポイントリーダーにつけていた田中優暉(ASCLAYindサクセスES)は接触などもあり噛み合わないレースウィークとなった一方で、レース12、レース13で共にクラス2位入った畑享志(F111/3)が逆転でタイトルを手にした。

 以下はシリーズチャンピオンの古谷、そしてマスタークラスチャンピオンの畑のコメントだ。

■FRJ2021 シリーズチャンピオン 古谷悠河

「今シーズンはタイトルを獲ることを一番の目標にして頑張ってきたので、それが達成できたことは良かったです」

「FRJに参戦してたくさんの経験をさせてもらいました。特にクルマのセッティングというのは走り出したら変えられないので、そこから自分がドライビングでどれだけ対応できるかというのが大事だと思います。そこをFRJでシーズンを通してたくさん学べたと思いますし、ここで留まることなく、さらに高みを目指して頑張りたいと思います」

■FRJ2021 マスタークラス チャンピオン 畑享志

「今週は予選でトラブルが出て、2レース目は最後尾スタートとなってしまいました。2コーナーまでに2台は追い抜きましたが『これは厳しいな』と思っていたところ、前方でアクシデントもあり、3番手まで浮上しました。あとはDRAGON選手を抜くだけになりましたが、実はフラットスポットができていたタイヤを使っていたので、挙動がおかしい状態でした。でも『とにかく、いくしかない!』 と思って追いかけていきました。DRAGON選手にはシフトトラブルがあったため、最後逆転できたのはラッキーだなと思いました。今週は“悪いこと”もありましたけど、最後は“良いこと”で終えることができました」

「今はチャンピオンになった実感がないというか、前からチャンピオンのことはあまり考えず、目の前のレースをしっかり戦っていこうと思っていたので、それがこういう結果になって良かったです。 今年FRJに1年間参戦して色々勉強になりました。レースは安定していないとダメだなということ、 予選から波がないようにすることが、大切だと感じました」

 
Read Also:
シェア
コメント
フォーミュラ・リージョナル、脱炭素に向け新たな挑戦。天然繊維コンポジット素材カウル搭載のマシンを最終戦で実戦投入
前の記事

フォーミュラ・リージョナル、脱炭素に向け新たな挑戦。天然繊維コンポジット素材カウル搭載のマシンを最終戦で実戦投入

次の記事

フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップの2022年暫定カレンダー発表。全6大会17戦、WECとの併催も

フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップの2022年暫定カレンダー発表。全6大会17戦、WECとの併催も
コメントを読み込む