デイトナ24時間の事故で脊椎骨折のアウアー、手術成功とリハビリ開始を報告。バサースト12時間は欠場へ

デイトナ24時間のプラクティス中の事故で背骨を骨折したルーカス・アウアーは、事故後初めてSNSを更新し、現状を報告した。

Lucas Auer, Mercedes-AMG Team WINWARD

 2023年のロレックス24(通称:デイトナ24時間)を前にした練習走行で大クラッシュを喫し、負傷したルーカス・アウアー。背骨を折る重傷を負ったことで、彼は週末に行なわれるバサースト12時間を欠場することとなった。

 アウアーがクラッシュしたのはレースウィークの木曜日だった。メルセデスAMG GT3をドライブするアウアーはピットウォール出口のウォールに激突。ロールケージを切り開いて救出されたという目撃情報もあるなど、大きなクラッシュとなった。

 幸いアウアーの命には別状なかったものの、彼は椎骨を骨折。手術は成功したが今後リハビリが必要な状況であり、今週末にクラフト-バンブー・レーシングから参戦予定だったインターコンチネンタルGTチャレンジの開幕戦、バサースト12時間は欠場することとなった。

 アウアーの代役を務めるのはフィリップ・エリス。メルセデスのファクトリードライバーである彼は、ダニエル・ジュンカデラとニッキー・キャッツバーグと共にメルセデスAMGを駆る。

 エリスの起用を発表したチームはSNSで「我々は引き続き、ルギ(アウアー)の1日も早い回復を願っている」と投稿した。

 

 またアウアー本人も、事故後初めてSNSを更新。Instagramには歩行器を使って歩くアウアーの動画が添えられており、彼は次のようなメッセージを添えた。

「みんな、たくさんの愛とメッセージを本当にありがとう。手術はうまくいったし、僕自身調子もいい」

「僕のことを看てくれる素晴らしいメディカルチームにも心から感謝したい。リバビリの次のステップに向かう準備はできているし、近々サーキットでみんなに会えることを楽しみにしている」

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 レッドブルF1がバサースト12時間でデモラン実施! リカルドが母国でドライブの可能性も?
次の記事 【動画】レッドブル、『RB7』でオーストラリア国歌を奏でる|バサースト12時間

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本