トップイベント

ダカールラリー6日目:サインツが初日以来のステージ優勝。総合首位ペテランセルで後半戦へ

カルロス・サインツは2021ダカールラリーのステージ6を制したが、総合首位は依然としてステファン・ペテランセルとなっている。

シェア
コメント
ダカールラリー6日目:サインツが初日以来のステージ優勝。総合首位ペテランセルで後半戦へ

 2021年ダカールラリーの6日目(ステージ6)が行なわれ、カルロス・サインツ(X-raid Mini)が初日以来のステージ優勝を飾った。

Read Also:

 前日のステージ5で完走が困難な状況に陥った選手が多発したことを受け、予定よりも競技区間を100km短縮(448km→348km)し、90分遅れでスタートしたステージ6。ステージ5では道に迷ったことで大幅にタイムを失い、大会ロードブックへの不満を漏らしていたサインツだったが、この日は安定した走りを見せ、ヤジード・アル・ラジ(オーバードライブ・トヨタ)に4分の差をつけてステージ6を制した。

 アル・ラジは自己ベストとなる2位フィニッシュ。ステファン・ペテランセル(X-raid Mini)とナッサー・アル-アティヤ(トヨタ)による3位争いは白熱したが、残り44kmで55秒あった差を逆転したアル-アティヤが3位を確保し、ペテランセルは今大会で初めてステージ順位トップ3を逃す形となった。

 WRCのレジェンドであるセバスチャン・ローブ(BRX)はステージ序盤100km地点を走行中にサスペンションアームが破損しストップ。ゴールを目指し、アシスタントクルーを呼ぶこととなった。

 2021年のダカールラリーはステージ6までが終了し、1日の休息日を挟んで後半戦へと突入していく。総合順位争いでは依然としてペテランセルが首位。2輪と4輪で13度ダカールを制している大ベテランのペテランセルは、ステージ優勝こそないものの大きなトラブルなく各ステージをまとめ上げ、アル-アティヤに5分53秒の差をつけている。

 ペテランセルとアル-アティヤに次ぐ総合3番手につけているのがサインツ。しかし首位ペテランセルとは40分以上の差がある状況だ。以下4番手にはヤコブ・プリツィゴンスキー(オーレン・チーム/オーバードライブ)、5番手にはナニ・ローマ(BRX)が続いている。

 

Read Also:

ダカールラリー2021総合順位(ステージ6終了時点)

Pos.

Driver

Car

Time/Gap

1

Stephane Peterhansel

Mini

22hr14m03s

2

Nasser Al-Attiyah

Toyota

5m53s

3

Carlos Sainz

Mini 

40m39s

4

Jakub Przygonski 

Toyota

1hr11m36s

5

Nani Roma

BRX

1hr36m55s

6

Brian Baragwanath

Century

1hr50m32s

7

Vladimir Vasilev

Mini

2hr05m47s

8

Khalid Al Qassimi

Peugeot

2hr07m21s

9

Giniel de Villiers

Toyota

2hr12m12s

10

Martin Prokop

Ford

2hr29m07s

 

ダカールラリー5日目:ド・ヴィリエールがステージ優勝。総合順位は一騎打ちの様相に

前の記事

ダカールラリー5日目:ド・ヴィリエールがステージ優勝。総合順位は一騎打ちの様相に

次の記事

2021年のダカールは“迷子”続出の異常事態。「もはやコ・ドライバーの戦いだ」とローブ

2021年のダカールは“迷子”続出の異常事態。「もはやコ・ドライバーの戦いだ」とローブ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Dakar
イベント Dakar
ドライバー Carlos Sainz
チーム X-Raid Team
執筆者 Rachit Thukral