F1 ライブテキスト

2021年開幕戦バーレーンGP フリー走行3回目ライブテキスト

2021年シーズンのF1開幕戦、バーレーンGPフリー走行3回目の模様をライブテキストでお届け。

2021年開幕戦バーレーンGP フリー走行3回目ライブテキスト
 

Read Also:

ライブ担当: 松本和己 松本和己

概要

役職: 中止
 
それでは、FP3のライブテキストはここで失礼します。お付き合いいただきありがとうございました
予選は日本時間0時からスタート。予選もmotorsport.comのライブテキストにお付き合いいただけると幸いです
メルセデス対レッドブルの戦いに加わってくるチームはあるのか? 角田裕毅はQ3進出なるか?
いよいよ、次のセッションは予選。今季の本当の勢力図がようやく見えてきます
暫定結果です
順位 # ドライバー シャシー エンジン 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 33 Netherlands マックス フェルスタッペン Red Bull Honda 11 1'30.577     215.100
2 44 United Kingdom ルイス ハミルトン Mercedes Mercedes 14 1'31.316 0.739 0.739 213.360
3 10 France ピエール ガスリー AlphaTauri Honda 13 1'31.583 1.006 0.267 212.738
4 77 Finland バルテリ ボッタス Mercedes Mercedes 16 1'31.855 1.278 0.272 212.108
5 11 Mexico セルジオ ペレス Red Bull Honda 11 1'31.908 1.331 0.053 211.985
6 55 Spain カルロス サインツ Jr. Ferrari Ferrari 16 1'32.108 1.531 0.200 211.525
7 7 Finland キミ ライコネン Alfa Romeo Ferrari 15 1'32.224 1.647 0.116 211.259
8 31 France エステバン オコン Alpine Renault 11 1'32.423 1.846 0.199 210.804
9 18 Canada ランス ストロール Aston Martin Mercedes 13 1'32.431 1.854 0.008 210.786
10 3 Australia ダニエル リカルド McLaren Mercedes 12 1'32.477 1.900 0.046 210.681
11 16 Monaco シャルル ルクレール Ferrari Ferrari 17 1'32.482 1.905 0.005 210.670
12 99 Italy アントニオ ジョビナッツィ Alfa Romeo Ferrari 11 1'32.500 1.923 0.018 210.629
13 22 Japan 角田 裕毅 AlphaTauri Honda 15 1'32.709 2.132 0.209 210.154
14 5 Germany セバスチャン ベッテル Aston Martin Mercedes 15 1'32.755 2.178 0.046 210.050
15 14 Spain フェルナンド アロンソ Alpine Renault 15 1'32.820 2.243 0.065 209.903
16 4 United Kingdom ランド ノリス McLaren Mercedes 10 1'32.860 2.283 0.040 209.812
17 63 United Kingdom ジョージ ラッセル Williams Mercedes 14 1'33.323 2.746 0.463 208.771
18 47 Germany ミック シューマッハー Haas Ferrari 14 1'33.422 2.845 0.099 208.550
19 9 Russian Federation ニキータ マゼピン Haas Ferrari 14 1'33.622 3.045 0.200 208.104
20 6 Canada ニコラス ラティフィ Williams Mercedes 16 1'33.959 3.382 0.337 207.358
角田は13番手。後ろにはベッテル、アロンソといったチャンピオン経験者が続きます
予選・決勝は日没後。コンディションはかなり違ってきますが、さて勢力図はどうなるか
ただ6番手サインツ、11番手ルクレールはミディアムタイヤでの順位。実力が気になるところです
2番手にハミルトン、4番手にボッタス、5番手にペレス。メルセデス&レッドブルの4台の間に、3番手ガスリーが食い込んでいます
フェルスタッペン首位でセッション終了
ただその他のセクターではベスト更新ならず。13番手でセッションを終えました
おっと、角田がさらにタイムアップをねらっているか。セクター1で自己ベスト
残り時間は2分を切り、各車がピット練習、ピット出口でのスタート練習をしていきます
ライコネンが7番手にいるのは面白い。フェラーリPUがパワーアップしているのは確かなのでしょうか
ストロール9番手、ベッテル13番手
残り時間は5分
アストンマーチン勢がタイムを出しにいきます
角田は自己ベストを並べ10番手
特にセクター2ではハミルトンに対して0.6秒差をつけています
フェルスタッペン、全セクターで全体ベスト。1分30秒577でトップです
ガスリーはハミルトンと0.267秒差の2番手に
それをフェルスタッペンが塗り替える
ガスリーがセクター2で全体ベストを出していますが
フェルスタッペンはセクター1で全体ベスト
アルファタウリ勢もニューのソフトタイヤ
残り時間は10分
一足先にアタックしたペレスはセクター3で全体ベスト、3番手です
フェルスタッペンも予選前最後の確認のため新品のソフトタイヤでコースイン
ノリスはターン1のブレーキングでミスがあり8番手。リカルドが5番手に上げています
ノリスも2セット目のソフトタイヤ
この週末、ボッタスよりハミルトンの方がいい流れに乗れているか
サインツはミディアムタイヤで3番手
それをハミルトンが0.539秒上回っていきます
タイム抹消で20番手にいたボッタスが1分31秒855でトップに
ボッタスのエンジニア、風が強まっていると無線
フェラーリはサインツにミディアムタイヤを履かせています
メルセデス勢が2セット目のソフトタイヤを投入
ベッテル、走行中にフロア左側からパーツが脱落。ベッテルはパーツが落ちて僕に当たったと訴え一旦ピットイン