ボッタス、黄旗無視で3グリッド降格ペナルティ決定|F1カタールGP

F1カタールGPの予選で黄旗を無視したとして、メルセデスのバルテリ・ボッタスが3グリッド降格ペナルティを受けた。

ボッタス、黄旗無視で3グリッド降格ペナルティ決定|F1カタールGP

 F1第20戦カタールGPの予選を3番手で終えたバルテリ・ボッタス(メルセデス)は、予選Q3で黄旗を無視したとして、3グリッド降格ペナルティを受けた。

 Q3終盤、アルファタウリのピエール・ガスリーがターン15で縁石に乗り上げた際、フロントウイングを破損。その影響で右フロントタイヤもパンクしてしまった。彼はゆっくりと最終コーナーを立ち上がり、ピットウォール近くでストップしたが、その際にホームストレートではイエローフラッグが2本振られた。

 ボッタスが当該区間を通過するころには、イエローフラッグは1本に減っていたが、黄旗無視の疑いでボッタスはスチュワードに召喚されていたが、スチュワードは必要な減速をしなかったと判断。これにより、3グリッド降格ペナルティが下された。

 
Read Also:

シェア
コメント
リヤウイングの“傷跡”を指摘するレッドブルに、メルセデスが反論「ただの見間違いだ……彼らにはもうついていけない」
前の記事

リヤウイングの“傷跡”を指摘するレッドブルに、メルセデスが反論「ただの見間違いだ……彼らにはもうついていけない」

次の記事

アルファタウリ・ホンダ、カタールGPの縁石で予選までに3つのフロントウイングを失う

アルファタウリ・ホンダ、カタールGPの縁石で予選までに3つのフロントウイングを失う
コメントを読み込む