F1サクヒールGP決勝速報:メルセデスまさかの自滅。ペレスがF1初優勝!

F1サクヒールGPの決勝レースで、レーシングポイントのセルジオ・ペレスが初優勝を果たした。メルセデス勢はタイヤ交換のミスなどがあり自滅。ボッタスの8位が最高位だった。

シェア
コメント
F1サクヒールGP決勝速報:メルセデスまさかの自滅。ペレスがF1初優勝!

 F1サクヒールGPの決勝レースが行なわれ、レーシングポイントのセルジオ・ペレスがキャリア初優勝を果たした。2位にはルノーのエステバン・オコン、3位にはレーシングポイントのランス・ストロールが入った。

 メルセデス勢はレース終盤までは1-2体制を築いていたものの、タイヤ交換で痛恨のミス。ジョージ・ラッセルは首位を走りながらも、間違ったタイヤを履いてピットアウトしてしまったため、9番手でチェッカーを受けたものの、審議対象となっている。チームメイトのバルテリ・ボッタスも8位に沈んだ。

 ホンダ製パワーユニット搭載勢は、レッドブルのアレクサンダー・アルボンの6位が最高位。ダニール・クビアト(アルファタウリ)が7位、チームメイトのピエール・ガスリーは11位だった。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、1周目のアクシデントによりクラッシュ。リタイアを喫している。

Read Also:

メルセデス、ボッタスとラッセルに自由にレースをさせると明言

前の記事

メルセデス、ボッタスとラッセルに自由にレースをさせると明言

次の記事

【動画】2020年F1第16戦サクヒールGP決勝ハイライト

【動画】2020年F1第16戦サクヒールGP決勝ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント サクヒールGP
サブイベント 決勝レース