フェラーリF1、逆襲の準備は整ったか? 新車『SF21』を発表、トップチーム返り咲き狙う

スクーデリア・フェラーリは、2021年シーズンのF1を戦う新車『SF21』を発表した。

フェラーリF1、逆襲の準備は整ったか? 新車『SF21』を発表、トップチーム返り咲き狙う

 スクーデリア・フェラーリは3月10日、2021年のF1を戦う新車『SF21』を発表した。

 昨シーズン、名門フェラーリは大いに苦しんだ。パワーユニット(PU)のパフォーマンス不足と空気抵抗の大きいシャシーのダブルパンチで、トップチームから大きく離されてしまったのだ。

 シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルが合計3度表彰台を獲得したが、コンストラクターズランキング6位でシーズンを終えた。これは、1980年の10位以来となる低迷ぶりだ。

 今季はベッテルに代わり、カルロス・サインツJr.を新たにチームに迎え入れた。また、マシンに先んじてシャシー開発部門の刷新を発表している。

 2021年シーズンのシャシーに関しては、大部分の開発が凍結されており、前年のシャシーを継続使用することが決まっているため、開発トークンを使った限定的な改善しかできない。そのため、各チームの勢力図にそれほど大きな変動はないと見られているが、フェラーリは開発トークンを使って改良したリヤエンドを含む新シャシーと、新たなPUにより直線スピード不足を解消したと自信を持っている。

Read Also:

 発表されたSF21は、インダクションボックスの形状が変更されていることから、冷却系の再設計が行なわれたことが伺える。

 フロントのバルクヘッド上面には複数のウイングレットを装着。フロントノーズ先端の両脇には開口部が設けられ、ノーズ上面はマシン下部に気流を導くことを狙っているのか、3次元的なくびれができている。

 基本的なカラーリングは赤からワインレッドに変化。昨年のトスカーナGPでフェラーリがF1参戦1000レース目を迎えた際に使用した特別カラーリングに近い色合いだ。更にインダクションボックスの後方には、スポンサーであるフィリップ・モリスが展開するプロジェクト“Mission Winnow”のロゴが緑色で入れられている。

 2020年は厳しいシーズンとなってしまった跳ね馬。2021年に誰もが驚くような追い上げができるのか。新レギュレーションが導入される2022年に絶好のスタートを切るためにも、失敗が許されないシーズンになる。

 

Read Also:

シェア
コメント
2021年のF1開幕間近! DAZNが新規会員2ヵ月無料キャンペーンを実施

前の記事

2021年のF1開幕間近! DAZNが新規会員2ヵ月無料キャンペーンを実施

次の記事

ウイリアムズFW43B、そのスポンサーロゴの少なさはチームの明るい未来を暗示している?

ウイリアムズFW43B、そのスポンサーロゴの少なさはチームの明るい未来を暗示している?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 松本 和己