【ギャラリー】ホンダF1第4期活動、その全勝利を写真で振り返る

F1の2021年シーズンを最後に、2015年からパワーユニット供給を行なってきたホンダが撤退し、F1活動を終了させる。第4期とも称される6年間のF1活動における、ホンダPU勢の勝利の歴史を振り返る。

【ギャラリー】ホンダF1第4期活動、その全勝利を写真で振り返る

1. 記念すべき復帰後初優勝を果たした2019年シーズン 計3勝

 レッドブル:オーストリアGP/ドイツGP/ブラジルGP

オーストリアGP
オーストリアGP
1/11

写真:: Honda

ホンダF1にとって第4期初優勝となったレース。『エンジン11、ポジション5』という有名な無線や、フェルスタッペンのホンダマーク指差しを覚えているファンも多いハズ。
オーストリアGP
オーストリアGP
2/11

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

オーストリアGP
オーストリアGP
3/11

写真:: Lorenzo Bellanca / Motorsport Images

シャルル・ルクレール(フェラーリ)との争いも印象的。
オーストリアGP
オーストリアGP
4/11

写真:: Andrew Hone / Motorsport Images

ドイツGP
ドイツGP
5/11

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

雨のドイツGP。記念カラーのメルセデスが共にトラブルの荒れたレースを、冷静に逃げ切って優勝を挙げた。さらにトロロッソ(現アルファタウリ)のダニール・クビアトが3位で、ホンダPUとして初のダブル表彰台を獲得したレースとなった。
ドイツGP
ドイツGP
6/11

写真:: Joe Portlock / Motorsport Images

ダニール・クビアト(トロロッソ)とのホンダPUダブル表彰台だ。
ドイツGP
ドイツGP
7/11

写真:: Jerry Andre / Motorsport Images

ハミルトンはウォールの餌食に。
ブラジルGP
ブラジルGP
8/11

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

レース終盤に2度のセーフティカーが出動する波乱の展開。フェルスタッペンは”ホンダパワー”でハミルトンを2度にわたってオーバーテイク。勝利をもぎ取った。
ブラジルGP
ブラジルGP
9/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

さらにこのレースでは、最終ラップにハミルトンとピエール・ガスリー(トロロッソ)の2位争いが展開。ホームストレートで横並びとなったが、ホンダPUがパワーを与え、ガスリーが2位。ホンダにとって1991年以来のワンツーフィニッシュとなった。
ブラジルGP
ブラジルGP
10/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

ガスリーVSハミルトン
ブラジルGP
ブラジルGP
11/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

ガスリーは2019年後半にレッドブルからトロロッソへ”降格”。ワンツーフィニッシュを果たした元チームメイトと抱擁を交わした。

 

2. このままもっと勝利を……しかし厳しい戦い2020年シーズン 計3勝

 レッドブル:F1 70周年記念GP/アブダビGP 

 アルファタウリ:イタリアGP

F1 70周年記念GP
F1 70周年記念GP
1/11

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

イギリス、シルバーストン・サーキットで行なわれたF1の70周年記念レース。フェルスタッペンは1ストップ戦略を抜群のタイヤマネジメントで走りきり、大差をつけて勝利した。
F1 70周年記念GP
F1 70周年記念GP
2/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

ガッツポーズのフェルスタッペン
F1 70周年記念GP
F1 70周年記念GP
3/11

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

イタリアGP
イタリアGP
4/11

写真:: Charles Coates / Motorsport Images

赤旗中断と、ハミルトンがピットレーンクローズ中にピットインしたことへのペナルティによって、レースは大波乱の展開。最終盤はガスリーとカルロス・サインツJr.による熾烈な優勝争いとなったが、ガスリーが抑えきりF1初優勝を果たした。
イタリアGP
イタリアGP
5/11

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

表彰台で涙を拭うガスリー。
イタリアGP
イタリアGP
6/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

ホンダの山本マネージングディレクターと。
イタリアGP
イタリアGP
7/11

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

イタリアGP
イタリアGP
8/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

イタリアGP
イタリアGP
9/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

表彰台はサインツJr.とランス・ストロール(レーシングポイント)。
アブダビGP
アブダビGP
10/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

ポールポジションからスタートしたフェルスタッペンは、メルセデスを置き去りにする速さを発揮。パワーユニットを守るため、『出力を下げようか?』という冗談まで無線で飛び出る速さで、ポール・トゥ・ウィンを達成した。
アブダビGP
アブダビGP
11/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

雄叫びフェルスタッペン。

 

3. 2021年、メルセデスとタイトルを争い、ついに載冠。ハミルトンとの激戦制す

 レッドブル:エミリア・ロマーニャGP/モナコGP/アゼルバイジャンGP/フランスGP/シュタイアーマルクGP/オーストリアGP/ベルギーGP/オランダGP/アメリカGP/メキシコGP/アブダビGP

エミリア・ロマーニャGP
エミリア・ロマーニャGP
1/28

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

レース前の雨で路面コンディションが悪化。フェルスタッペンは3番手からスタートすると一気にトップへ浮上。赤旗中断を挟みつつも、フェルスタッペンは完璧なレース運びで独走。2021年シーズン初優勝を収めた。
エミリア・ロマーニャGP
エミリア・ロマーニャGP
2/28

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

トロフィーを掲げるフェルスタッペン。
モナコGP
モナコGP
3/28

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

PPのシャルル・ルクレール(フェラーリ)がトラブルでスタートできず。2番手からスタートで先頭をキープしたフェルスタッペンは、後続との差をしっかりとマネジメントし、伝統のモナコ初表彰台&初優勝となった。
モナコGP
モナコGP
4/28

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

喜びを示すチームスタッフ。
モナコGP
モナコGP
5/28

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

モナコ初表彰台&優勝にガッツポーズ!
モナコGP
モナコGP
6/28

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

表彰台にはフェラーリのサインツJr.、マクラーレンのランド・ノリスが並んだ。
アゼルバイジャンGP
アゼルバイジャンGP
7/28

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

2021年にレッドブル加入のセルジオ・ペレスが移籍後初優勝。トップを快走していたフェルスタッペンが残り5周でタイヤバーストによりリタイヤすると、リスタートでタイヤをロックさせたハミルトンを美味しく頂き、優勝を果たした。
アゼルバイジャンGP
アゼルバイジャンGP
8/28

写真:: Glenn Dunbar / Motorsport Images

大喜びのペレス。
アゼルバイジャンGP
アゼルバイジャンGP
9/28

写真:: Charles Coates / Motorsport Images

リスタートでタイヤをロックさせたハミルトン。
フランスGP
フランスGP
10/28

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

2ストップ作戦に切り替えたフェルスタッペンが、残り2周でハミルトンを見事にオーバーテイク。素晴らしい追い上げを見せた。
フランスGP
フランスGP
11/28

写真:: Drew Gibson / Motorsport Images

3位となったペレスと熱い抱擁。
フランスGP
フランスGP
12/28

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

シュタイアーマルクGP
シュタイアーマルクGP
13/28

写真:: Glenn Dunbar / Motorsport Images

2連続PPからスタートしたフェルスタッペン。ハミルトンにチャンスすら与えない快走で、35秒もの差をつけてチームの母国で2連勝を果たした。
オーストリアGP
オーストリアGP
14/28

写真:: Sam Bloxham / Motorsport Images

レッドブルリンクでの連戦となったオーストリアGPは、フェルスタッペンが3連続PPから、レースを制圧。シュタイアーマルクGPの再現かのような圧勝を見せた。
オーストリアGP
オーストリアGP
15/28

写真:: Alessio Morgese

ポディウムにはホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターが登壇。
ベルギーGP
ベルギーGP
16/28
ベルギーGPは悪天候により、決勝レースの長時間延期に見舞われた。最終的にはセーフティカー先導の3周でレースが成立となり、PPのフェルスタッペンが勝者となった。
ベルギーGP
ベルギーGP
17/28

写真:: Alastair Staley / Motorsport Images

ベルギーGPではウイリアムズのジョージ・ラッセルが2位に入ってみせた。
オランダGP
オランダGP
18/28

写真:: Essay Produkties - Chris Schotanus

1985年以来の復活となった、ザントフールトでのF1。フェルスタッペンにとっては母国レースだ。ハミルトンから猛攻を受けたがリードを守りきって、母国初優勝を挙げた。
オランダGP
オランダGP
19/28

写真:: Charles Coates / Motorsport Images

フェルスタッペンファンの炊くオレンジ色のスモーク。
オランダGP
オランダGP
20/28

写真:: Erik Junius

母国の国旗を纏うフェルスタッペン。
アメリカGP
アメリカGP
21/28

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

フェルスタッペンとレッドブルはPPを獲得したが、スタートで2番手へ後退。先頭のハミルトンを追う中、”勝つために”2ストップのアグレッシブな戦略を実行し、最後は迫るハミルトンを防ぎきって8勝目を挙げた。
アメリカGP
アメリカGP
22/28

写真:: Glenn Dunbar / Motorsport Images

ポディウムに登壇したホンダの山本雅史マネージングディレクター
メキシコGP
メキシコGP
23/28

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

フェルスタッペンは3番グリッドスタートだったが、ターン1で一気にメルセデス2台を大外刈り。先頭に立った後はハミルトンを圧倒する速さで突き放し、レースを制した。
メキシコGP
メキシコGP
24/28

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

メキシコGPはペレスにとって大事な母国戦。優勝はフェルスタッペンに譲ったが、3位を獲得して故郷に錦を飾った。
メキシコGP
メキシコGP
25/28

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

アブダビGP
アブダビGP
26/28

写真:: Simon Galloway / Motorsport Images

PPからスタートしたフェルスタッペンは、スタートでハミルトンに先行され、その後も引き離される苦しい展開。しかしレース終盤にセーフティカーが出動した間にソフトタイヤに交換。ハミルトンはステイアウトした。そして残り1周でレースが再開され、フェルスタッペンがハミルトンをオーバーテイクし、優勝。2021年のドライバーズタイトルを獲得した。
アブダビGP
アブダビGP
27/28

写真:: Charles Coates / Motorsport Images

アブダビGP
アブダビGP
28/28

写真:: Charles Coates / Motorsport Images

 
Read Also:

シェア
コメント
2021年 FIA F1世界選手権第22戦アブダビGP 決勝ライブテキスト
前の記事

2021年 FIA F1世界選手権第22戦アブダビGP 決勝ライブテキスト

次の記事

ホンダ&フェルスタッペン、悲願のタイトル獲得! 最終ラップにドラマ。角田裕毅4位|F1アブダビGP決勝速報

ホンダ&フェルスタッペン、悲願のタイトル獲得! 最終ラップにドラマ。角田裕毅4位|F1アブダビGP決勝速報
コメントを読み込む