F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

【ギャラリー】知る人ぞ知る名車たち? 惜しくも勝利に届かなかったF1マシン10選

シェア
コメント
【ギャラリー】知る人ぞ知る名車たち? 惜しくも勝利に届かなかったF1マシン10選
2020/05/14 3:13

これまでに多くの優れたF1マシンが日の目を浴びてきたが、運やタイミングの問題により勝利を手にすることができなかったマシンがいくつかある。今回はそんなマシンを10台ピックアップして紹介する。

スライダー
リスト

10.ウイリアムズFW06(1978年〜1979年)

10.ウイリアムズFW06(1978年〜1979年)
1/10

写真:: Sutton Images

予選最高位:3番手:決勝最高位:2位
パトリック・ヘッドがデザインしたFW06は、1978年シーズンのF1に登場した。ドライバーはアラン・ジョーンズの1台体制。信頼性は今ひとつだったが光る速さを見せた。この後継マシンFW07によって、ウイリアムズにとって初のタイトルがもたらされることとなる。

9.ジョーダン197(1997年)

9.ジョーダン197(1997年)
2/10

写真:: LAT Images

予選最高位:2番手:決勝最高位:2位
ジャンカルロ・フィジケラとラルフ・シューマッハーという勢いのある若手コンビで1997年シーズンに臨んだジョーダンは、計3回の表彰台を獲得し、コンストラクターズランキング5位となった。翌1998年のベルギーGPではデイモン・ヒルによってチーム初優勝がもたらされた。

8.ローラMK4(1962年)

8.ローラMK4(1962年)
3/10

写真:: David Phipps

予選最高位:PP:決勝最高位:2位
1962年、MK4を引っさげてF1に参入したローラは、開幕戦でジョン・サーティースがいきなりポールポジションを獲得。最終的に2位を2度獲得したサーティースがドライバーズランキング4位、コンストラクターズランキングでも4位に入る大健闘を見せた。さらには非選手権レースでは優勝も飾ったが、参戦資金が足りずこの年限りで撤退した。

7.マトラMS120(1970年〜1972年)

7.マトラMS120(1970年〜1972年)
4/10

写真:: LAT Images

予選最高位:PP:決勝最高位:3位
改良型も含めて3シーズンにわたって活躍したマトラMS120。クリス・エイモンが2度ポールポジションを獲得したが、優勝には届かなかった。

6.マーチ711(1971年〜1972年)

6.マーチ711(1971年〜1972年)
5/10

写真:: Rainer W. Schlegelmilch

予選最高位:5番手:決勝最高位:2位
その個性的なマシン形状が印象的なマーチ711だが、その実力も確かなもので、1971年シーズンはロニー・ピーターソンが4度も2位に入りランキング2位となったが、優勝を手にすることはできなかった。特にイタリアGPでBRMのピーター・ゲシンに0.01秒差で敗れたのは有名。

5.ロータス95T(1984年)

5.ロータス95T(1984年)
6/10

写真:: Rainer W. Schlegelmilch

予選最高位:PP:決勝最高位:2位
1984年シーズンを戦ったロータス95Tは、いつ優勝してもおかしくないマシンだったが、不運やトラブルに泣かされた。ナイジェル・マンセルは雨のモナコでトップ走行中にクラッシュ。猛暑のダラスでも優勝争いを演じたが、最終的にチェッカー寸前でストップ。マシンを押してチェッカーを目指したが、熱中症で倒れるという珍事を起こした。

4.ルノーRE50(1984年)

4.ルノーRE50(1984年)
7/10

写真:: LAT Images

予選最高位:PP:決勝最高位:2位
ロータス95Tと同じく、1984年シーズンに勝てそうで勝てなかったのがルノーRE50だ。前年にタイトル争いを繰り広げたプロストが離脱し、パトリック・タンベイとデレック・ワーウィックのコンビとなったが、ふたり合わせて18回のリタイアを記録するなどトラブルが多かった。

3.シャドウDN5(1975年〜1977年)

3.シャドウDN5(1975年〜1977年)
8/10

予選最高位:PP:決勝最高位:3位
1975年シーズンに登場したシャドウDN5は、間違いなく速さのあるマシンだった。その証拠に、ジャン=ピエール・ジャリエが開幕から2戦連続でポールポジションを獲得した。しかしジャリエはシーズンを通して完走2回にとどまるなど信頼性の低いパッケージだった。

2.B.A.R 006(2004年)

2.B.A.R 006(2004年)
9/10

写真:: LAT Images

予選最高位:PP:決勝最高位:2位
フェラーリが18戦中13勝と他を寄せ付けない強さを見せた2004年シーズンの中で輝きを放ったのがB.A.Rホンダだった。特にジェンソン・バトンは実に10回も表彰台を獲得したが、トップチェッカーを受けられず。初優勝は2006年までおあずけとなった。佐藤琢磨もアメリカGPで3位表彰台、ヨーロッパGPではフロントローを獲得するなど、日本人F1ドライバー史上最も成功したシーズンを送った。

1.ブラバムBT45B(1977年)

1.ブラバムBT45B(1977年)
10/10

写真:: LAT Images

予選最高位:PP:決勝最高位:2位
ゴードン・マレーがデザインし、アルファロメオの水平対向12気筒エンジンを積んだブラバムBT45B(写真手前)は、幾度となく優勝のチャンスが巡ってきたが、ことごとくトラブルが発生し、それをモノにすることができなかった。モナコGPではジョン・ワトソンがポールを獲得するも、スタートでウルフのジョディ・シェクターに先行され、その後リタイア。フランスGPではワトソンが最終ラップまで首位を走行するも、最後の最後でエンジンが音を上げてマリオ・アンドレティ(ロータス)に勝利を譲った。翌イギリスGPでもワトソンが首位を走ったが、チェッカーを受けることはできなかった。

 

Read Also:

次の記事
リカルド、2021年マクラーレン移籍が決定か。フェラーリ加入のサインツ後任で

前の記事

リカルド、2021年マクラーレン移籍が決定か。フェラーリ加入のサインツ後任で

次の記事

フェラーリ、新型コロナ対策の人工呼吸器を発表「我々が引き受けたかった仕事だ」

フェラーリ、新型コロナ対策の人工呼吸器を発表「我々が引き受けたかった仕事だ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1