アルファタウリ・ホンダの角田、経験値の多いレッドブルリンクでの2連戦……課題の予選は「かなりタイトになる」

アルファタウリ・ホンダからF1に参戦している角田裕毅は、オーストリア・レッドブルリンクで行なわれるF1第8戦シュタイアーマルクGP・第9戦オーストリアGPに向け、意気込みを語った。

アルファタウリ・ホンダの角田、経験値の多いレッドブルリンクでの2連戦……課題の予選は「かなりタイトになる」

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、レッドブルリンクでの2連戦となるF1第8戦シュタイアーマルクGP・第9戦オーストリアGPに向け意気込みを語った。

 角田にとっては、第8戦、第9戦を行なうレッドブルリンクはFIA F3やFIA F2で経験済みのサーキットだ。レッドブルリンクで開催された昨シーズンのFIA F2の第2戦では、予選でポールポジションを獲得し、タイヤ交換義務のあるレース1(フィーチャーレース)では2位表彰台に登っており、角田自身もサーキットに好印象を持っているようだ。

Read Also:

 角田は、上記の通り下位カテゴリーでの経験があるものの、F1での走行は今回が初めてとなるため、これまでのレース週末と同様に、フリー走行を通じてペースを徐々に上げていきたいと語った。

「オーストリアは、経験済みのサーキットのひとつです」とアルファタウリ・ホンダのリリースに角田はコメントを寄せた。

「実際、昨年のFIA F2では、第2戦の予選でポールを取り、レース1では2位になっています。自信にはなりますが、F1マシンでの走行は、かなり違った体験になるでしょう。だから徐々にペースを築き上げて、セッションを通じて改善する必要があります」

 また角田は、レッドブルリンクが全長4.3kmとF1カレンダーの中では1周が比較的短いため、以前課題として挙げていた予選では、トラフィックの処理がカギになると考えている。

「このサーキットは、多くが僕の好きな高速コーナーで構成されているので、走っていて楽しいです。一周がかなり短くて速いので、予選はとてもタイトになります。だから1周を決めて良い結果を出すには、全部をまとめ上げる必要があります。ドライビングという観点からもとてもチャレンジングになるので、楽しみにしています」

 角田は、開幕からここまで開幕戦バーレーンGPで9位、第6戦アゼルバイジャンGPで7位入賞を遂げている。

 しかし、アゼルバイジャンでの勢いは続かず、3連戦の初戦、第7戦フランスGPでは予選Q1の最初のアタックでクラッシュし、翌日の決勝レースをピットからスタートすることになった。決勝レース序盤では16番手まで浮上したものの、コンパウンドの異なるドライバーに詰まり、早めにピットイン。ハードタイヤでのロングスティントを走りきり、13位でチェッカーを受けた。

 レッドブルリンクはその名の通り、レッドブルが所有するサーキットだ。レッドブルの“膝元”でのレースとだけあり、予選での改善や決勝レースでの入賞など、角田にも大きな期待がかかっていることだろう。

「3週間での3レース全てを楽しむつもりです」と角田は続けた。

「僕は十分に健康ですし、その点では何も心配はありません」

「レッドブル・ファミリーの全員にとって重要な週末になるでしょうし、ファンの目の前でまたレースができるのは嬉しいことです」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル・ホンダ、初優勝の地オーストリアで連勝を伸ばせるか?「僅差の戦いになるだろう」と田辺TD

前の記事

レッドブル・ホンダ、初優勝の地オーストリアで連勝を伸ばせるか?「僅差の戦いになるだろう」と田辺TD

次の記事

モビリティランド、2021年MotoGP日本GP中止を発表も「F1日本GPと鈴鹿8耐は引き続き開催に向け準備を進める」と強調

モビリティランド、2021年MotoGP日本GP中止を発表も「F1日本GPと鈴鹿8耐は引き続き開催に向け準備を進める」と強調
コメントを読み込む