メルセデスF1代表、”空力開発ハンデ”受け入れの経緯を語る

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、空力開発ハンデキャップのレギュレーション導入を受け入れた経緯を説明。長期的にチーム間の格差を縮めることを目指すモノだと確認できたからだと明らかにした。

メルセデスF1代表、”空力開発ハンデ”受け入れの経緯を語る

 2021年シーズンから、F1には”空力開発ハンデキャップ”レギュレーションが導入されることになった。これは前年の選手権順位上位と下位のチームの間で、空力開発(風洞実験とCFD)にかけることができる時間に差を設け、パフォーマンス差を縮めようとするモノだ。

Read Also:

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフはこのレギュレーションについて、チャンピオンチームだけがハンデを受けるわけではなく、長期間にわたってチーム間の格差を小さくすることを目的に設計された内容であったため、チームとしても導入を受け入れることにしたと説明する。

「私は、実力主義のF1が大好きだ。最高のドライバーと最高のマシンが勝つべきだと思う」

 ウルフ代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「F1はこれまでもずっとそうだった。ショーという側面を優先する人たちが、このスポーツの魅力を薄めるようなコンポーネントを付け加える、他のスポーツのようなギミックが導入されたことはない」

「どんな形でも、パフォーマンスのバランスを取るというのが大嫌いだ。それでは政治的なゲームであり、政治的な世界選手権になってしまう。F1はそういう場所ではないんだ」

「新しい空力開発レギュレーションで導入されるのは、ランキングが低いチームは、開発の観点から、トップチームがいる場所にゆっくりとでも近付くことができる可能性があるということだ」

「それは、毎年ほんの僅かな割合で進んでいく。1年で大きな違いが生じることはないが、数年後には全体のバランスが取れるようになるはずだ」

 ウルフ代表曰く、もし順位を落としてしまった場合には、メルセデスのようなチームでさえも、恩恵を受けることができる内容になっていると語る。

「もし勝つために十分ではないのなら、平等にチャンスを手にすることができる。2番目か3番目のチームだった場合、チャンピオンよりも多くの開発ができる機会を手にすることになるんだ」

「これは微調整として導入されたモノだと思う。スポーツの形を変えるようなモノじゃなくてね。もしリバースグリッドが導入されていたら、スポーツの形が大きく変わることになっただろう」

Read Also:

シェア
コメント
キャリアを狂わされた? 元チームメイト、コバライネンが語るハミルトンのすごさ
前の記事

キャリアを狂わされた? 元チームメイト、コバライネンが語るハミルトンのすごさ

次の記事

ピレリ、2019年F1用タイヤを2021年も使用継続か。フロア規制なども追い風に

ピレリ、2019年F1用タイヤを2021年も使用継続か。フロア規制なども追い風に
コメントを読み込む