F1復帰戦でポイント争いのアロンソ、貪欲にさらなる進化目指す「改善の余地がたくさんある」

フェルナンド・アロンソは、F1復帰戦となったバーレーンGPで速さを見せたにも関わらず「まだ改善の余地がたくさんある」と考えている。

F1復帰戦でポイント争いのアロンソ、貪欲にさらなる進化目指す「改善の余地がたくさんある」

 2度のF1チャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2018年シーズンを最後にF1から離れた後、WEC(世界耐久選手権)やダカールラリー参戦を経て、2021年にアルピーヌからF1復帰を果たした。

 その復帰戦となったバーレーンGPでアロンソは、予選Q3に進出。決勝レースでも入賞圏内を争っていたが、サンドイッチの包み紙がブレーキダクトに入ってしまったことがトラブルを引き起こし、レース中盤にリタイアとなってしまった。

Read Also:

 今回のレースを終えてアロンソは、自らがミスを修正してスピードと自信を取り戻す必要があると語った。

「良いレースだったよ」とアロンソは自らのレースを振り返る。

「いくつか良いバトルがあった。良い終わり方をしたものもあったし、オーバーテイクされてそうはならなかったものもあった」

「でも僕はもっと自分のペースを掴んで自信をつけないといけない。そしてマシンの力をもっと引き出して、スタートをうまく決めないといけない」

「今回のレースは悪くはなかったけど、僕としては改善の余地がたくさんあったと思う」

「ピットストップではみんなが素晴らしい仕事をしてくれたと思うけど、2回目のストップでは僕もポジションがあまり良くなかったと思う。こういった些細なことやミスはテストから続いているけど、次のレース、またその次のレースではもっと良いパフォーマンスが見せられたらと思う」

 アロンソは今回のレースで上位争いを展開することこそできなかったが、自分にとってもファンにとっても、復帰1年目のシーズンは楽しいものになるだろうと考えている。

「良いものになるだろう。このカムバックを楽しんでもらえると思うし、毎週末の戦いを楽しんでもらえると思う」とアロンソは続ける。

「アルピーヌはF1で大きなことを成し遂げようとしているし、それはとても興味深いことなんだ。2021年は2020年の続きのようなシーズンだから、重要な2022年に向けて勢いをつけようとしている」

「このカムバックを楽しんでほしいね」

 開幕戦を終えた時点で、今季の中団グループではマクラーレンやフェラーリ、アルファタウリなどが速さを見せている。アルピーヌにとってはノーポイントと厳しい週末となったが、アロンソは開幕戦の結果だけで勢力図を判断するのは時期尚早だと語った。

「それについて言うのは難しい。色んな結果を見て、僕たちを含むみんなが複雑な気持ちになっている。ある時は良くなったように見え、ある時は落ちたように見える」

「勢力図を確定させるにはあと数レース必要だと思うので、様子を見るしかないね。僕たちの仕事は、より良い努力をして、弱点があればそれを克服し、強みを維持していくことだ。誰にとっても興味深いシーズンになるだろうね」

 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデス代表、ハミルトン&ロズベルグの確執を回顧「彼らには我々の知り得ない歴史的背景があった」

前の記事

メルセデス代表、ハミルトン&ロズベルグの確執を回顧「彼らには我々の知り得ない歴史的背景があった」

次の記事

2022年に照準当てるハース、今季はウイリアムズ以外眼中にない?「それ以上は目指さない」

2022年に照準当てるハース、今季はウイリアムズ以外眼中にない?「それ以上は目指さない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Pablo Elizalde