前途洋々アルピーヌ、2022年はさらなる飛躍の年になる? 「ここ数年での変化が着実に実を結び始めている」

アルピーヌでエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、2021年の飛躍が2022年シーズンに向けて「とても心強い励み」になっていると考えている。

前途洋々アルピーヌ、2022年はさらなる飛躍の年になる? 「ここ数年での変化が着実に実を結び始めている」
Listen to this article

 ルノーから名を改め2021年シーズンのF1に臨んだアルピーヌ。1年を通してアップダウンの激しいシーズンとなったが、ハンガリーGPではエステバン・オコンが優勝を挙げた上にカタールではフェルナンド・アロンソが3位表彰台に登り、アルファタウリ・ホンダとのコンストラクターズランキング5位争いを制した。

 5位争いよりもはるか前で熾烈な3位争いを繰り広げていたフェラーリとマクラーレンにアルピーヌが追いつくまでは、依然として課題は山積している。しかし、アルピーヌのエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、イギリス・エンストンのファクトリーでは進歩を感じており、2021年シーズンのチーム運営が2022年シーズンに向けての励みになっていると語った。

「過去3年に渡ってほとんど同じエンジンを使用して、シャシーやギヤボックスも(開発を)凍結し、その他の場所にリソースを投入してきたことを考えると、我々の持つプラットフォームでかなり上手くやりこなせた」とブコウスキーは言う。

「サーキットでも開発サイドでも、2021年シーズンに向けてとても励みになる。ただ、自分たちの戦闘力は分かっても、他チームの戦闘力は分からないがね」

 2021年シーズンから2022年シーズンにかけてオコンとアロンソのドライバーラインアップに変更はないものの、オフシーズンの間に経営陣の入れ替えが行なわれるとのこと。

 ブコウスキー曰く、結果として数字にはまだ現れていないものの、舞台裏での変更が実を結び始めていると考えている。

Oscar Piastri, Alpine A521

Oscar Piastri, Alpine A521

Photo by: Jerry Andre / Motorsport Images

「確かに、チームは誇れる働きぶりを見せている。ここ数年で大きく変わり、その変化が実を結び始めているのだ」

「サーキットでもそうだし、ファクトリーでもそうだ。2年以上に渡って2022年マシンの開発にフォーカスしてきたから、数字としては見えていないけどね」

「でも、ファクトリーでの作業や交流、ここ数年で加わったスタッフなどの様子を見ていると、2022年も見通しは明るい」

 また、ブコウスキーは2021年に見られた不安定なマシンパフォーマンスを認め、テクニカルレギュレーションが大きく変わる2022年マシンではそのマシン特性を断ち切る必要があると語った。

「2021年は、限られたチャンスをものにすることができたと思う。同時に、競争力に劣るレースもいくつかあったし、その原因を把握できなかった。この問題は解決すべきモノだ」

「この問題を解決するために調査を進めている。同時に、(2022年の)マシンやパッケージ全体にも多くの作業が行なわれている。期待できそうだ」

 
 
Read Also:

シェア
コメント
ランド・ノリス「2021年のマクラーレンVSフェラーリは将来の“トップ争い”で役に立つ」
前の記事

ランド・ノリス「2021年のマクラーレンVSフェラーリは将来の“トップ争い”で役に立つ」

次の記事

バトン、ホンダの戴冠と撤退への胸中語る「マクラーレンがホンダとふんばり続けなかったことは残念」

バトン、ホンダの戴冠と撤退への胸中語る「マクラーレンがホンダとふんばり続けなかったことは残念」
コメントを読み込む