アストンマーチンF1、実車発表&シェイクダウン一番乗り!「テストまでに時間を確保したかった」

アストンマーチンは、2022年を戦うニューマシンの実車を最初に発表したチームとなったが、テストまでのスケジュールに余裕を持たせることに意味があると考えている。

アストンマーチンF1、実車発表&シェイクダウン一番乗り!「テストまでに時間を確保したかった」
Listen to this article

 アストンマーチンは、2月10日に2022年を戦うニューマシン『AMR22』を発表。翌11日には、フィルミングデーを活用してシルバーストン・サーキットで新車のシェイクダウンを行なった。

 多くのチームが、マシンを開発する時間を最大限に確保するため、新車発表に実車を用意しないのではないかと見られている中、アストンマーチンは実車で新車発表を行なった最初のチームとなった。

Read Also:

 アストンマーチンのチーフテクニカルオフィサーであるアンドリュー・グリーンは、今年のマシンはレギュレーション変更により一新されているため、初めてコースで走行した時に予期せぬ問題が発生する可能性があることを懸念していたという。

 もしチームがそのような問題を発見するのが遅れた場合、2月23日からバルセロナで行なわれる最初の公式プレシーズンテストに支障をきたす危険性があるのだ。

 アストンマーチンの新車発表プランについて、グリーンは次のように語った。

「我々がやりたかったのは、できるだけ早くシェイクダウンして、すべてのシステムとマシンをチェックすることだ。そうすれば、シェイクダウンからバルセロナテストまでの間に、ある程度の時間を確保することができる」

「金曜日にシェイクダウンしたのはそのためだ。シェイクダウンがうまくいって、何も対応する必要がないことを願っているけどね」

「でもクルマは全く新しいモノだし、キャリーオーバーされたパーツも全くないし、プレシーズンテストは本当に短い」

「2回目のレースは開幕戦とあまりにも近いので、対応するのは不可能に近いと思う」

Lance Stroll, Aston Martin AMR22

Lance Stroll, Aston Martin AMR22

Photo by: Aston Martin

 ここまでアストンマーチン以外にもいくつかのチームが2022年マシンを発表したが、ハースはレンダリング画像でカラーリングを公開するのみ、レッドブルはアップデートされたショーカーを披露するのみと、その実態を隠している。一方でアストンマーチンはそういった駆け引きをする必要はないと考えている。

 新車発表会で実車を公開した理由について尋ねられたグリーンはこう答えた。

「我々は正直なチームだ。誤魔化そうなんて思っていないんだ!」

「マシンは用意できた。だからカラーリングだけの発表会はしたくなかった。カラーリングだけじゃない、本物の発表会をしたかった」

 ハースが公開したレンダリング画像などと見比べると、アストンマーチンはサイドポッドエリアに異なる解釈をしていることが分かる。グリーンは、各チームの新車が続々と公開されていけば、さらに異なる解釈が見られるだろうと語った。

「最初は色々なアプローチが見られるだろう」

「2022年のレギュレーションの問題に取り組むには様々な方法があるので、最初はいくつかのバリエーションが見られると思う。しかしマシンの視覚的な側面に関しては、全てのマシンがほぼ一致するまでそれほど時間はかからないだろう」

 なおマクラーレンも、発表会で披露したのは”実車”だと明かしている。

 
Read Also:
 

シェア
コメント
マクラーレン2年目のリカルド、昨季序盤の苦戦が自分を見つめ直すきっかけに?「僕の強みってここだったんだ……」
前の記事

マクラーレン2年目のリカルド、昨季序盤の苦戦が自分を見つめ直すきっかけに?「僕の強みってここだったんだ……」

次の記事

マクラーレンF1、2022年は”激しい開発競争”を覚悟「目標はトップチームとの差を縮めること」

マクラーレンF1、2022年は”激しい開発競争”を覚悟「目標はトップチームとの差を縮めること」