速報:F1プレシーズンテスト2日目午後|メルセデスのボッタスが首位。ガスリー僅差で続く

F1のバーレーン合同テスト2日目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。2番手にはアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが僅差で続いた。

速報:F1プレシーズンテスト2日目午後|メルセデスのボッタスが首位。ガスリー僅差で続く

 F1のバーレーン公式テスト2日目が行なわれ、午後にメルセデスのマシンをドライブしたバルテリ・ボッタスが1分30秒289でトップタイムを記録した。

 メルセデスは初日にはトラブルにより大ブレーキ。この日も午前中に走行を担当したルイス・ハミルトンがスピンし赤旗中断の原因を作るなど、チグハグな状況が続いていた。しかしセッション終盤にボッタスがタイムを更新し、首位でこの日の走行を終えた。

 2番手にはアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが続いた。ガスリーはボッタスからわずか0.124秒遅れのタイム。まだまだテストながらも、シーズンに期待を抱かせる。チームメイトの角田裕毅が午前中の走行を担当し、総合11番手となっている。

 3番手はアストンマーチンのランス・ストロール。セッション終了間際にタイムを更新してみせた。

 4番手にはマクラーレンのランド・ノリスが続いた。午前中のセッションではダニエル・リカルドが首位を記録しており、こちらも好調ぶりが伺える。5番手にはアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィが入っている。

 7番手でこの日の走行を終えたウイリアムズのニコラス・ラティフィは、1日で132周を走破。これがこの日の最多周回数である。

 レッドブル・ホンダは、1日を通じてセルジオ・ペレスがドライブ。117周を走り、8番手タイムで2日目の走行を終えている。

F1バーレーン合同テスト2日目タイム結果
1. バルテリ・ボッタス(メルセデス)1'30''289/56周
2. ピエール・ガスリー(アルファタウリ)1'30''413/85周
3.ランス・ストロール(アストンマーチン)1'30''460/70周
4. ランド・ノリス(マクラーレン)1'30''586/52周
5. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)1'30''760/125周
6. シャルル・ルクレール(フェラーリ)1'30''886/73周
7. ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)1'31''672/132周
8. セルジオ・ペレス(レッドブル)1'31''682/117周
9. ダニエル・リカルド(マクラーレン)1'32''215/52周
10. フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)1'32''339/128周
11. 角田裕毅(アルファタウリ)1'32''684/57周
12. ミック・シューマッハー(ハース)1'32''883/86周
13. カルロス・サインツJr.(フェラーリ)1'33''072/56周
14. ニキータ・マゼピン(ハース)1'33''101/76周
15. ルイス・ハミルトン(メルセデス)1'33''399/58周
16. セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)1'38''849/10周

 

Read Also:

 

シェア
コメント
F1プレシーズンテスト2日目午前|角田裕毅、57周走行し5番手。リカルドが初日に続き午前トップ

前の記事

F1プレシーズンテスト2日目午前|角田裕毅、57周走行し5番手。リカルドが初日に続き午前トップ

次の記事

F1プレシーズンテスト2日目午後|王者メルセデスが本領発揮? ボッタスが総合トップ、ガスリーが続く

F1プレシーズンテスト2日目午後|王者メルセデスが本領発揮? ボッタスが総合トップ、ガスリーが続く
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Bahrain March testing
サブイベント Saturday
執筆者 田中 健一