F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
23 10月
次のセッションまで……
23 days
31 10月
次のセッションまで……
31 days

フェラーリはまだ”危機”を迎えていない? 「前を向いて開発を進めることが重要」

シェア
コメント
フェラーリはまだ”危機”を迎えていない? 「前を向いて開発を進めることが重要」
執筆:
, Grand prix editor

苦戦が続いているフェラーリだが、チーム代表のマッティア・ビノットは依然として危機に直面しているわけではないと語った。

 今季苦戦が続いているフェラーリ。母国レースとなるF1第8戦イタリアGPはセバスチャン・ベッテル、シャルル・ルクレール共に、レース折り返しを前にリタイアを喫した。

 ベッテルはブレーキトラブルにより、レース開始からわずか6周でリタイア。ルクレールはセーフティカーにも助けられ、4番手までポジションを上げたものの、最終コーナーのパラボリカで挙動を乱し高速クラッシュを喫した。

 今シーズン、優勝を狙うどころか予選Q3進出も危ういほどパフォーマンスを落としたフェラーリ。前戦ベルギーGPに続きイタリアGPでもノーポイントに終わったことで、コンストラクターズランキングでは6番手となっている。

Read Also:

 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットはベルギーGPの後、「チームは嵐の真っ只中にはいるものの、危機に瀕しているわけではない」と語っていたが、イタリアGP後もその認識は変わっていないようだ。

「前回は、危機的状況ではないと思っていた。そして、それを改めて確認できた」と、ビノットはイタリアGP後に語った。

「今回、特にセブのように信頼性の問題があった場合、困難な週末の最悪な結末だ」

「しかし、より重要なのは前を向き、今後に向けて学んだことを検討することだ。それがチームをより強くする」

 フェラーリは、FIAがエンジン規則の厳格化を目指して技術指令を出した後から、直線スピード不足に苦しむようになった。

 スパ・フランコルシャンとモンツァは共にパワー感度が高いコースであり、フェラーリは苦戦するのではないかと見られていた。実際その通りになったわけだが、ビノットはムジェロで行なわれる次戦トスカーナGPではいくらか状況が好転するのではないかと期待している。

「スパとモンツァは我々にとって難しいレースになることは分かっていた」

「次のレースが少し良くなることを願っている。でも結局のところ、今のクルマのパフォーマンスは確かに我々が望んでいるものではないと思う」

「しかし先を見据えて、クルマの開発を確実に進めていくことが、我々にとってより重要だと思う」

 フェラーリはトスカーナGPで、F1参戦1000レース目を迎える。ビノットは記念すべきレースで、良い結果を残したいと話した。

「次のレースは我々にとって、重要な一戦だ」

「スパやモンツァとは違うタイプのサーキットなので、そのようなサーキットでの競争力を理解することが重要だと思う」

Read Also:

F1参戦1000レース目迎えるフェラーリ、ムジェロを駆ける特別カラーリングを発表

前の記事

F1参戦1000レース目迎えるフェラーリ、ムジェロを駆ける特別カラーリングを発表

次の記事

F1初開催のムジェロは“超エキサイティング”? 5G超えが予想されるコーナーも

F1初開催のムジェロは“超エキサイティング”? 5G超えが予想されるコーナーも
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Luke Smith