BMW、F1復帰には”興味なし”と断言「我々が目指す電動化とは、F1はかけ離れすぎている」

BMWは、F1のパワーユニットが2026年から新しいレギュレーションになったとしても、F1に復帰することには興味を持っておらず、LMDhのプログラムに集中していると語った。

BMW、F1復帰には”興味なし”と断言「我々が目指す電動化とは、F1はかけ離れすぎている」
Listen to this article

 複数の自動車メーカーがF1参入に興味を示していると言われる昨今。しかしBMWは、現時点ではF1復帰に興味を持っていないということを明言した。

 2026年から、F1のパワーユニット(PU)はレギュレーションが改定されることになった。この新レギュレーションでは、MGU-Hは排除されるものの、PUにおける電力パワーの割合が増し、さらに100%持続可能燃料の使用が義務付けられる。

 この新レギュレーション下で行なわれるF1には、多くの自動車メーカーが興味を持っていると言われる。

 アウディは先日、2026年からパワーユニット・サプライヤーとしてF1に参戦することを宣言。アウディと同じフォルクスワーゲン・グループ傘下のポルシェも、レッドブルと組んでF1参戦を目論んだが、レッドブルとの交渉が決裂し現在に至っている。しかし、F1参戦を完全に諦めたわけではないとも伝えられている。

 また2021年限りでF1活動を終了させたホンダは、現在もレッドブル・パワートレインズをサポートしており、F1用PUの製造を続けている。そして2026年には、再びF1に正式復帰を果たすのではないかという声も根強い。

 メルセデスは引き続きF1に参戦中であり、前述の通りアウディがF1復帰を宣言し、ポルシェもF1参入を目論む……となれば気になるのは、残るドイツの巨大メーカーのひとつであるBMWの動向である。

 しかしmotorsport.comの姉妹媒体であるMotorsport-Total.comのインタビューに応じたBMWの関係者らは、F1には興味を持っていないことを明言した。

「我々にとっては、F1に参入するかどうかは問題ではない」

 BMW Mモータースポーツの責任者であるアンドレアス・ルースは、そう語った。

「現時点では、全く興味を持っていない」

「あなたも、現実的でなければならないと思う」

「F1に戻るのは、非常に多くの投資が必要だ。そして、非常に長いこと成功しなければならない。そのため、現在モータースポーツにおいて実施している、膨大な数のプロジェクトで既に満足している」

 BMWは、最近では2000年から2009年にかけてF1に参戦。まずはウイリアムズと組み、その後BMWザウバーとしてワークス体制でF1に挑んだ。

 ウイリアムズとコンビを組んだ2000年から2005年は、その1年目こそ0勝に終わったものの、翌年からか勝てるようになり、合計10勝を挙げた。BMWザウバーでの勝利は、2008年のカナダGPでの1-2フィニッシュ1回のみである。ただBMWは、2009年の7月に突如その年限りでの撤退を発表し、F1から去ることになった。

 多くのメーカーが注目している次世代のF1。BMWが復帰するには絶好のタイミングのようにも思われるが、同社はLMDhのプログラムに集中していくとしている。

 新しいBMW MハイブリッドV8は、来年IMSAにデビュー予定。その後2024年からは、世界耐久選手権(WEC)にも参戦する見込みだ。

「我々は事実上、完全電動化そして電動化への変革に向けて既に取り組んでいる」

 ルース代表はそう続ける。

「LMDhはそれに完全に合致するカテゴリーだ。F1だけが、2026年以降に進むべき道ではない。その観点から言えば、今はLMDhのプロジェクトを行なう適切な時期だと思う」

 BMW MモータースポーツGmbHのCEOであるフランク・ヴァン・ミールは、F1のマーケティングにおける価値やリーチ数を認識しているとしながらも、「BMWはマーケティング上の理由だけでモータースポーツを行なっているわけではない」と語った。

「我々はそのシリーズのために何かを導き出し、共に開発したいと考えている」

 ヴァン・ミールCEOはどう語った。

「だからこそ我々にとって、LMDhはF1よりも明らかに重要だ。F1は我々のシリーズMの商品とはかけ離れており、電動化についても明らかに離れすぎている」

 
Read Also:

シェア
コメント
去就未定のリカルド、2023年の”休養”も選択肢に。「一歩下がっても、2024年に二歩進むために……」
前の記事

去就未定のリカルド、2023年の”休養”も選択肢に。「一歩下がっても、2024年に二歩進むために……」

次の記事

体制が整いつつあるアストンマーチンF1。レッドブルの”初期段階”に似ている? 新テクニカルディレクター「我々のやり方でトップを目指す」

体制が整いつつあるアストンマーチンF1。レッドブルの”初期段階”に似ている? 新テクニカルディレクター「我々のやり方でトップを目指す」