アブダビ若手&ピレリ18インチタイヤテストがスタート。ボッタスは許可得てアルファロメオへ

F1は2021年シーズンが終了したばかりだが、最終戦の開催地ヤス・マリーナ・サーキットでは早くもポストシーズンテストがスタート。ルイス・ハミルトンはこのテストを欠席する。

アブダビ若手&ピレリ18インチタイヤテストがスタート。ボッタスは許可得てアルファロメオへ

 12月12日に行なわれたF1第22戦アブダビGPで、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が2021年シーズン王者に輝いてからわずか2日。舞台となったヤス・マリーナ・サーキットでは、2022年シーズンに向けたポストシーズンテストが開始されている。

 今回はレギュレーションの大幅刷新を予定する2022年に向けた、ピレリの18インチホイールのタイヤを装着できるように改造されたミュールカーでのテスト(14~15日)と、さらに若手向けのヤング・ドライバー・テスト(14日)が行なわれる事になっている。

 なおウイリアムズはミュールカーの用意がなく、ピレリのタイヤテストへの参加は9チームとなっている。

 来シーズンからアルファロメオへ移籍するバルテリ・ボッタスは、今年までメルセデスのドライバーとなっているが、チームから許可を得て14日のテストにアルファロメオから参加している。

 アルファロメオが来季起用する周冠宇もテストに参加。14日は若手枠、15日はミュールカーを走らせる予定だ。

 メルセデスは、ウイリアムズから新加入するジョージ・ラッセルを両日起用。ヤング・ドライバー・テストにはニック・デ・フリーズが参加している。

 マクラーレンからは、米国のインディカー・シリーズで実績を残しているパトリシオ・オワードが、F1テストへデビュー。事前にシート合わせやシミュレーションをこなし、今回のアブダビテストに臨んだ。

 2021年のドライバーズタイトルをフェルスタッペンと獲得したレッドブル陣営は、若手枠に育成ドライバーのユーリ・ヴィップスとリアム・ローソンを起用。それぞれレッドブルとアルファタウリからテストに参加する。

 ウイリアムズは若手枠に育成下のローガン・サージェントを起用。フェラーリはロバート・シュバルツマン、アルピーヌはF2王者となったオスカー・ピアストリ、アストンマーチンはニック・イェロリーというラインアップだ。

 各日の参加ドライバーは以下のようになっている。なおF1の2022年プレシーズンテストは、2月末のバルセロナ、3月中旬のバーレーンでの2回に分けて計6日間が開催される予定だ。

チーム 14日(火) 15日(水) ヤングドライバーテスト
レッドブル マックス・フェルスタッペン セルジオ・ペレス ユーリ・ヴィップス
メルセデス ジョージ・ラッセル ジョージ・ラッセル ニック・デ・フリーズ
フェラーリ シャルル・ルクレール カルロス・サインツ ロバート・シュバルツマン
  アントニオ・フォッコ    
マクラーレン ダニエル・リカルド ランド・ノリス パトリシオ・オワード
アルファタウリ 角田裕毅 ピエール・ガスリー リアム・ローソン
アルピーヌ エステバン・オコン フェルナンド・アロンソ オスカー・ピアストリ
アルファロメオ バルテリ・ボッタス 周冠宇 周冠宇
ウイリアムズ ローガン・サージェント
ハース ミック・シューマッハ ピエトロ・フィッティパルディ ロバート・シュワルツマン
アストンマーチン ランス・ストロール セバスチャン・ベッテル ニック・イェロリー
 

 

Read Also:

 

シェア
コメント
ホンダF1、新王者フェルスタッペンに“幻の”日本GP優勝トロフィーを贈呈
前の記事

ホンダF1、新王者フェルスタッペンに“幻の”日本GP優勝トロフィーを贈呈

次の記事

フェルスタッペン、最終ラップで夢破れたハミルトンに同情「彼は素晴らしいスポーツマン……さらに強くなって帰ってくるだろう」

フェルスタッペン、最終ラップで夢破れたハミルトンに同情「彼は素晴らしいスポーツマン……さらに強くなって帰ってくるだろう」
コメントを読み込む