メルセデス困惑、F1アゼルバイジャンGP初日に大失速! ハミルトン「なぜこんな所にいるのか分からない」

メルセデス勢は、アゼルバイジャンGPの初日をふたり揃って低調な順位で終えた。これについてバルテリ・ボッタスは、「根本的に間違った」何かがあったのではないかと考えている。

メルセデス困惑、F1アゼルバイジャンGP初日に大失速! ハミルトン「なぜこんな所にいるのか分からない」

 F1アゼルバイジャンGPの初日、メルセデスは低調な走り出しとなった。FP1ではルイス・ハミルトンが7番手、バルテリ・ボッタスが10番手となったが、FP2ではさらにその順位が低下し、ハミルトン11番手、ボッタス16番手……ボッタスの後方にはハースとウイリアムズ勢しかいないという状態だった。

Read Also:

 この結果についてボッタスは、何か根本的に間違ったモノがあるのではないかと考えている。

 メルセデスのふたりは、共にドライビングが難しかったわけではなかったと口を揃える。しかし、単純に速さが足りなかった……非常に厄介な状況に陥っている可能性を匂わせる。

「今日はとても、とても難しかったし、明らかにペースが足りなかった」

 そうボッタスは語る。

「全体的なグリップが足りなかったように感じる」

「バランスは、それほど理想からかけ離れたモノではない。マシンは予測できないところもあるが、ただグリップがなく、滑りやすい感じなんだ。だから……今日は長い夜になりそうだ」

 ただFP2のロングランを見ると、それほど悪くないように見える。ロングランよりも、1周のアタックラップに問題があるのかと尋ねられたボッタスは、次のように語った。

「ロングランは、わずかに良いかもしれない。でも、ペースが足りないのは確かだ。だから根本的に何かが間違っていると思う。僕らはその理由を理解する必要がある」

 チームメイトのハミルトンは、ドライビング中にはそれほど酷く感じなかったにも関わらず、メルセデスがこれほどまでに遅いことについて、当惑していると語った。

「クリーンな状況で、必要なだけの周回をこなした。ミスもほとんどなかった。FP1では1回ロックアップしてしまったけどね」

 ハミルトンはそう1日の走行を振り返った。

「一般的には、うまくドライブできていると感じていたし、FP1の方がマシンのフィーリングは良かった。でも、FP2ではこれ以上のタイムを出せなかった」

「だから、僕らは間違いなく、かなりのモノを失っていると思う。誰もが頭を悩ませているし、データを調べ、改善するための方法を見つけようとしていると思う。ロングランは良かったけどね」

 ハミルトンは、さらに次のように続けた。

「僕は攻めていたけど、限界だった。マシンも限界だったし、もっと速く走らなきゃいけない場所もあった……でも、それができるグリップがなかったんだ。そのことについて、解決しなきゃいけない」

「あるコースで良いペースを手にしていた時、その他の場所でトップ10に入るというのは、簡単なことじゃない。でも、なぜ僕らがこんなところにいるのか、よく分からないんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
フェラーリ、アゼルバイジャンでも好調な滑り出し。しかし「モナコほどは速くない」とサインツJr.
前の記事

フェラーリ、アゼルバイジャンでも好調な滑り出し。しかし「モナコほどは速くない」とサインツJr.

次の記事

【F1分析】アゼルバイジャンGP初日大苦戦のメルセデス……まだまだ侮れない理由がある?

【F1分析】アゼルバイジャンGP初日大苦戦のメルセデス……まだまだ侮れない理由がある?
コメントを読み込む