F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
16 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
23 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
30 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
44 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
51 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
72 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
100 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
107 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
121 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
135 days

メルセデス、予算削減受けF1以外にも参戦? 余剰予算で“技術流出”の阻止狙う

シェア
コメント
メルセデス、予算削減受けF1以外にも参戦? 余剰予算で“技術流出”の阻止狙う
執筆:
2020/06/09 3:30

F1は来季から予算制限が導入されるが、メルセデスF1のトト・ウルフ代表は余剰予算を活用するために他カテゴリーへ活動を広げる可能性を示唆した。

 F1は2021年から年間の予算上限を定めた財政レギュレーションが導入され、段階的に予算が削減されていくことが決まった。

Read Also:

 新型コロナウイルスの影響によって、当初の定められていた1億7500万ドル(約192億円)から1億4500万ドル(約157億円)へと予算の上限が引き下げられたこともあり、トップチームはスタッフの削減などを迫られる可能性も指摘されている。

 実際にフェラーリは既にF1以外のレースプログラムにスタッフを配置転換する可能性を示唆していた。

 そしてメルセデスのチーム代表であるトト・ウルフも、技術に精通しているスタッフの流出を防ぐことを理由に挙げたうえで、メルセデスがフェラーリのそうした動きに続くかもしれないと語った。

「第一に、我々は財務的に“コロナ以前”とは全く異なる世界を生きている」

 ウルフ代表はそう語る。

「そして我々は予算上限の減額を受け入れた。成功しているF1チームは損失を出すよりも、利益を出すことが必須なんだ」

「我々にとって、それは(親会社の)ダイムラーがこのスポーツでのマーケティング上のメリットを評価するだけでなく、可能な限り中立的な立場を保つための方法でもある。それが我々が予算上限を支持する必要があった理由だと、私は考えている」

「我々にとってこの予算上限は再調整や物事の進め方の変更、新たな領域に人員を配置することを意味している。我々にはメルセデス・ベンツ・アプライド・サイエンスという非常に強力な組織がある。そこではクライアントのために働き、我々のサービスを展開している」

「そして事によったら、我々はリソースやスタッフ、知的財産を維持するために他のレースカテゴリーに目を向けるかもしれない」

 メルセデスのF1活動については、これまでに何度も撤退やワークス体制の終了といった噂が囁かれてきた。現在もこうした噂は根強く存在するが、ウルフ代表はそれを否定し、レース活動はメルセデスにとって今もコミットしている“中核的な活動”だと主張した。

Read Also:

「常に何らかのキャンペーンや議案が行なわれている。そして思うに、全ての自動車会社が困難かつ不安な時代に直面している」

 ウルフ代表はそう語った。

「毎日雑誌や新聞を開くと、フォルクスワーゲンやルノー、フィアットやダイムラーについての話題が目に入る。そして我々のスポーツへの方針が疑問視されていることも、完全に理解している」

「メルセデスの経営トップ層は、F1をコア的な活動だとみなしている。我々はロードカーを製造し、レースカーを製造している。そして最初に作ったのはレースカーだったんだ」

「そしてその点で、我々はF1を利益を生み出すマーケティングの場としてだけではなく、中核的な活動だとみなしているんだ。行動とF1の間には技術の転移があり、ダイムラー内で批判されているわけではない」

「それでもやはり、我々は毎年投資や全ての活動について議論を行なっている。我々は新聞の見出しを作ってアクセスを稼ぎたい人たちのターゲットになっているだけだと思うよ」

 

Read Also:

次の記事
マスクを着用し、密を回避……エンジンに火入れしたメルセデスの“新しい活動様式”

前の記事

マスクを着用し、密を回避……エンジンに火入れしたメルセデスの“新しい活動様式”

次の記事

差別に対する沈黙破ったF1、”多様性”を求めて草の根レベルのレース活動を支援

差別に対する沈黙破ったF1、”多様性”を求めて草の根レベルのレース活動を支援
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper