F1アブダビFP1:フェルスタッペン首位。ミック・シューマッハーが“F1デビュー”果たす

F1アブダビGPのフリー走行1回目が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。

F1アブダビFP1:フェルスタッペン首位。ミック・シューマッハーが“F1デビュー”果たす

 F1最終戦アブダビGPのフリー走行1回目がヤス・マリーナ・サーキットで行なわれた。トップタイムを記録したのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)で、タイムは1分37秒378だった。

 2020年シーズンのF1もいよいよ最終戦。舞台となるのはお馴染みのヤス・マリーナ・サーキットで、F1最終戦の開催は7年連続だ。

 ハースは負傷したロマン・グロージャンの代役として、前戦サクヒールGPに続きピエトロ・フィッティパルディを起用。そして今回のFP1ではロバート・クビサがアルファロメオから、そしてミック・シューマッハーがハースから出走する。今季のF2王者であり、来季からのF1フル参戦が決まっているシューマッハーにとっては、これがF1公式セッションでの初ドライブとなる。

 FP1開始時刻のサーキット上空は快晴。気温25℃、路面温度39℃というコンディションでスタートした。まず先頭でコースインしたのはアレクサンダー・アルボン(レッドブル)で、ハードタイヤを履いて1分45秒301を記録した。

 セッション開始5分でセルジオ・ペレス(レーシングポイント)を除く19台がコースインしたが、タイムを計測するドライバーは少数派。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は空力チェックのためか、リヤに大きなセンサーをつけて周回を重ねた。バルテリ・ボッタス(メルセデス)がハードタイヤで1分40秒692を記録してトップに立つと、そのタイムを1分39秒313まで伸ばした。

 一方、新型コロナウイルス感染によりサクヒールGPを欠場したルイス・ハミルトン(メルセデス)は今回が復帰戦となるが、ブレーキにトラブルが発生したようで緊急ピットイン。メカニックが大慌てでフロント部分を解体し、大掛かりな作業が行なわれていった。

 またバックストレートではダニエル・リカルド(ルノー)がスローダウン。コース脇にマシンを止めてしまったため、それを退避させるためにバーチャルセーフティカーが発動された。

 その後フェルスタッペンはハードタイヤで1分39秒113をマークしてトップに立った。ただボッタスは一足早くこの日2セット目のタイヤとなるソフトタイヤを投入し、1分37秒412をマーク。フェルスタッペンのタイムを約1.7秒上回った。

 セッション開始から40分が経過し、1セット目のタイヤ返却時間を迎えた。この時点でのトップ5はボッタス、フェルスタッペン、ペレス、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)だ。

 ハミルトン車も作業が完了しコースイン。ハードタイヤでまず6番手タイムを記録すると、その後4番手までタイムを上げた。ボッタスはセッション序盤で使用していたハードタイヤを投入してコースに出ていった。

 フェルスタッペンはソフトタイヤでアタックを行ない、1分37秒378をマーク。ボッタスのタイムを0.034秒上回ってトップとなった。3番手、4番手には同じくソフトタイヤを履いたエステバン・オコン(ルノー)、アルボンが続き、ハミルトンは5番手だ。

 その後は各車中古タイヤでの連続周回を行ない、セッションは終了。トップタイムはフェルスタッペンだった。

 2番手以下はボッタス、オコン、アルボン、ハミルトンの順。アルファタウリはダニール・クビアトが8番手、ガスリーが9番手となり、ホンダパワーユニット勢は4台トップ10入りを果たした。なお、シューマッハーは1分41秒235というベストタイムを記録して18番手だった。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 26 1'37.378     205.327
2 Finland バルテリ ボッタス 32 1'37.412 0.034 0.034 205.256
3 France エステバン オコン 34 1'38.515 1.137 1.103 202.957
4 Thailand アレクサンダー アルボン 25 1'38.547 1.169 0.032 202.892
5 United Kingdom ルイス ハミルトン 24 1'38.744 1.366 0.197 202.487
6 Canada ランス ストロール 25 1'38.831 1.453 0.087 202.308
7 Mexico セルジオ ペレス 25 1'38.956 1.578 0.125 202.053
8 Russian Federation ダニール クビアト 27 1'39.150 1.772 0.194 201.658
9 France ピエール ガスリー 30 1'39.160 1.782 0.010 201.637
10 Finland キミ ライコネン 22 1'39.199 1.821 0.039 201.558

シェア
コメント
F1アブダビFP1速報:フェルスタッペン首位発進。公式セッションデビューのシューマッハー18番手

前の記事

F1アブダビFP1速報:フェルスタッペン首位発進。公式セッションデビューのシューマッハー18番手

次の記事

【動画】2020年F1第17戦アブダビGPフリー走行1回目ハイライト

【動画】2020年F1第17戦アブダビGPフリー走行1回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビGP
執筆者 戎井健一郎