F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
16 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
23 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
30 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
44 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
51 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
72 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
100 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
107 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
121 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
135 days

美しきF1マシン:2年半にわたって活躍……日本メーカーのエンジンも載せた:ロータス102

シェア
コメント
スライダー
リスト

Derek Warwick, Lotus 102 Lamborghini

Derek Warwick, Lotus 102 Lamborghini
1/17

写真:: Ercole Colombo

Johnny Herbert, Lotus 102 Lamborghini

Johnny Herbert, Lotus 102 Lamborghini
2/17

写真:: Ercole Colombo

Martin Donnelly, Lotus 102 Lamborghini

Martin Donnelly, Lotus 102 Lamborghini
3/17

写真:: Ercole Colombo

Mika Hakkinen, Lotus 102B

Mika Hakkinen, Lotus 102B
4/17

写真:: Sutton Images

Sparks fly from the underside of Johnny Herbert's Lotus 102B Judd

Sparks fly from the underside of Johnny Herbert's Lotus 102B Judd
5/17

写真:: Rainer W. Schlegelmilch

Mika Häkkinen, Lotus 102B Judd

Mika Häkkinen, Lotus 102B Judd
6/17

写真:: Ercole Colombo

Mika Häkkinen, Lotus 102B Judd

Mika Häkkinen, Lotus 102B Judd
7/17

写真:: Ercole Colombo

Mika Häkkinen, Lotus 102B Judd

Mika Häkkinen, Lotus 102B Judd
8/17

写真:: LAT Images

Mika Häkkinen, Lotus 102B Judd

Mika Häkkinen, Lotus 102B Judd
9/17

写真:: LAT Images

Judd engine in the Lotus 102B

Judd engine in the Lotus 102B
10/17

写真:: Rainer W. Schlegelmilch

1991 Isuzu P799WE engine

1991 Isuzu P799WE engine
11/17

写真:: Morio

Johnny Herbert, Lotus 102D

Johnny Herbert, Lotus 102D
12/17

写真:: Rainer W. Schlegelmilch

Johnny Herbert, Lotus 102D

Johnny Herbert, Lotus 102D
13/17

写真:: Sutton Images

Johnny Herbert, Lotus 102D

Johnny Herbert, Lotus 102D
14/17

写真:: LAT Images

Mika Häkkinen, Lotus 102D Ford, Johnny Herbert, Lotus 102D Ford

Mika Häkkinen, Lotus 102D Ford, Johnny Herbert, Lotus 102D Ford
15/17

写真:: LAT Images

Mika Hakkinen, Lotus 102D Ford

Mika Hakkinen, Lotus 102D Ford
16/17

写真:: Rainer W. Schlegelmilch

Mika Hakkinen, Lotus 102D

Mika Hakkinen, Lotus 102D
17/17

写真:: Sutton Images

執筆:
2020/06/28 3:26

1990年に登場したロータス102。このマシンもティレル020同様、3年もの長きにわたって使われ続けた伝説的なマシンだ。しかもその現役の間に、様々なエンジンを搭載してきた。

 本シリーズではかつて、長年にわたって使われ続けたマシンとして、ティレル020を取り上げた。1990年代以降、このティレル020のように複数シーズンにわたって使われ続けたマシンは多くない。とはいえ、ゼロでもない。

 そのうちのもう1台が、ロータス102である。

Read Also:

 ロータス102が登場したのは1990年シーズンの開幕戦。前年まで、ロータスのドライバーラインアップはネルソン・ピケと中嶋悟のコンビだったが、この年からはデレック・ワーウィックとマーチン・ドネリーというコンビに一新。エンジンもジャッドV8からランボルギーニV12に変更した。

 当時のロータスは低迷期であり、シーズンを追うごとに成績が低迷していくという状況だった。この1990年シーズンに獲得したポイント数はわずかに3。いずれもワーウィックによるモノであったが、かつての名門チームは不振に喘いでいた。それだけではなくこの年は、大クラッシュも相次いだ。イタリアGPではワーウィックが大クラッシュ。その2レース後のスペインGP予選ではドネリーがやはりクラッシュを喫し、重傷を追うことになってしまった。

 シーズン中には、長年メインスポンサーを務めてきたキャメルを失うことが決まり、チームの財政は苦境に陥った……そんな影響もあり、翌1991年もこの102が使われ続けることになった。

 1991年用102Bは、元々ランボルギーニV12を積んでいた車体にジャッドのV8を組み合わせるという突貫工事。カラーリングも、グリーンとホワイトのツートンカラーに一新された。またコマツや田宮模型など、日本企業が多くスポンサーについた。

 ドライバーは新人のミカ・ハッキネンとジュリアン・ベイリーの組み合わせ。第3戦サンマリノGPでは、ハッキネン5位、ベイリー6位と、シーズン序盤にしてダブル入賞を果たす。しかし、入賞はこの1戦限り。しかもサンマリノGPは、予選最後尾グリッドから乱戦を走り抜き、首位から3周遅れでのフィニッシュ……幸運だったと言う他ない。ベイリーに至っては、この年の決勝進出はこのサンマリノのみ。結局第4戦モナコを最後に、ジョニー・ハーバートにシートを奪われることになってしまった。

 成績こそ振るわなかったロータス102B。しかしこのマシンは、田宮模型からプラモデル化されるなどしたため、日本人には馴染み深い1台だと言えよう。

 そして翌1992年にも、ロータス102を走らせることになる。102Dだ。エンジンは型落ちのフォードHB(V8)。カラーリングはグリーンとイエローという塗り分けになった。スポンサーには、日立やシオノギ製薬などが加わり、さらに日本色が濃い1台に。同年のドライバーであるハッキネンとハーバートは、仲睦まじく日本のテレビCMに出演したりもした。

 型落ちのマシンにも関わらず、ドライバーたちは奮闘した。開幕戦でハーバートが6位に入ると、続く第2戦メキシコでは、ハッキネンが6位に入った。そして第5戦からは後継機となる107が登場。このマシンは速さを見せ、特にハッキネンは入賞の常連となっていった。

 実は102Bと102Dの間に、102Cというマシンも存在する。これは1991年のシーズン中、エンジンテスト用に102Bを改造したものである。カラーリングも102Bと同じである。

 その102Cに載せられたのが、日本のいすゞが手掛けたV12エンジンである。あくまでテスト用ではあるものの、同社が初めて開発したF1エンジンながらスムーズに始動し、甲高い音を響かせてシルバーストン・サーキットを駆け抜けた。

 結局いすゞエンジンがF1に実戦投入されることはなかったものの、”伝説のエンジン”として今も語り継がれている。当時は他にもスバルやHKSなどの日本企業もF1エンジンを開発した、そんな時代でもあった。なおこのいすゞF1エンジンと102Cは、今も田宮模型が所有している。

Read Also:

次の記事
F1、開発凍結パーツの管理が大変に? ”うっかりミス”でレース失格の危険も!

前の記事

F1、開発凍結パーツの管理が大変に? ”うっかりミス”でレース失格の危険も!

次の記事

ハミルトン、“元支配者”エクレストンに苦言「F1に多様性がなかった理由が分かる」

ハミルトン、“元支配者”エクレストンに苦言「F1に多様性がなかった理由が分かる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム チーム・ロータス 発売中
執筆者 田中 健一