F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

予選3位の”代役”ヒュルケンベルグを、フェルスタッペン&リカルドが称賛

シェア
コメント
予選3位の”代役”ヒュルケンベルグを、フェルスタッペン&リカルドが称賛
執筆:
, Grand prix editor

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1 70周年記念GPで自身を上回る3位となったレーシングポイントで代役参戦するニコ・ヒュルケンベルグについて、F1にいるべき存在だと称賛した。

 新型コロナウイルスに感染したセルジオ・ペレスの代役として、イギリスGPとF1 70周年記念GPでレーシングポイントのマシンを走らせるニコ・ヒュルケンベルグ。代役初戦のイギリスGPこそQ2敗退に終わったが、F1 70周年記念GPではメルセデス勢2台に次ぐ3番手を獲得してみせた。

Read Also:

 ヒュルケンベルグはデビュー1年目、ウイリアムズに在籍していた2010年のブラジルGPで、天候を味方につけてポールポジションを獲得したことがあったが、それに次ぐ好結果と言える。

 ヒュルケンベルグは昨年までルノーF1のドライバーを務めていたが、最終戦アブダビGP以来F1マシンをドライブしていなかった。そんな中、急遽代役として白羽の矢が立ち、イギリスGPから参戦。2戦目で予選好結果を手にした。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、そんなヒュルケンベルグに先行されてしまったひとりだ。しかし彼は、レーシングポイントのマシンは確かに速いものの、ヒュルケンベルグはF1にいるべき存在であることを証明したと語った。

「ニコは予選で、素晴らしい仕事をした」

 フェルスタッペンはそう語った。

「彼ら(レーシングポイント)は冬の間に、とても良い仕事をした。でも彼は間違いなく、F1にいるのに値する存在だ。彼が来年のシートを見つけられることを、僕は本当に望んでいる」

「正直に言って、現時点では彼ほどの才能を持っていないドライバーも何人かF1にいる。うまくいけばそのことは、彼にとって大きな後押しとなるだろう」

「今日の予選は僕らにとって満足できるようなモノではなかった。でも、ニコが3番手になったことは喜ばしいことだ」

 昨年、ヒュルケンベルグのチームメイトを務めていたルノーのダニエル・リカルドも、その働きを称賛する。

「ハルクが来たね! 彼は今週、準備を整えてきたみたいだ。彼は今では自由だしね」

 リカルドは”超人ハルク”になぞらえ、そう語った。

「正直なところ、彼の働きには脱帽だよ。彼のクルマが上手く機能しているのは分かっている。でも、あの結果がマシンの性能のためだとは言いたくない」

「彼は明らかに、非常に良い仕事をしてきた。長い間F1に乗っていなかったんだから、簡単なことじゃない」

「確かに彼はベテランだけど、今回のようなことをするのは簡単じゃない。誰かが何かを言っても、気にしないよ」

 ヒュルケンベルグは木曜日、来年F1に復帰することについて、複数のチームと話し合いを行なっていると明かした。

 レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、ヒュルケンベルグが代役参戦で見せたパフォーマンスが、来季のシートを確保する上で後押しになることを望んでいると語った。

「チェコ(ペレス)の代役としてニコを起用することで、彼のことを手助けできたと思う」

 そうサフナウアー代表は語った。

「今回のこと自体、マシンをずっとドライブしていなかったとしても、彼に何ができるのか……それを観衆に見せることになったと思う」

「それは、彼にとっての手助けになるだろう。あとは、彼次第だ」

「彼は自分の価値を損なうようなことはしていないと思う。彼は過去2レースで、スピードに慣れてきたんだ」

Read Also:

ガスリー、跳ね馬2台とアルボンを従えていざ決勝へ「見せ場を作る準備はできている」

前の記事

ガスリー、跳ね馬2台とアルボンを従えていざ決勝へ「見せ場を作る準備はできている」

次の記事

リカルド、好感触のミディアムタイヤで予選5番手。決勝の標的はヒュルケンベルグ?

リカルド、好感触のミディアムタイヤで予選5番手。決勝の標的はヒュルケンベルグ?
コメントを読み込む