F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

アルファタウリ、チームとして2008年以来2勝目。トスト代表「モンツァで歴史を再現」

シェア
コメント
アルファタウリ、チームとして2008年以来2勝目。トスト代表「モンツァで歴史を再現」

ピエール・ガスリーがイタリアGPで勝利したことを受け、アルファタウリのフランツ・トスト代表がコメントを寄せた。

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが、2020年のイタリアGPを制した。ピットストップを行なった直後にセーフティカーが出動するなど、幸運もあった。しかし最後は、自力でライバルをねじ伏せ、トップチェッカーを受けた。

Read Also:

 チームにとって今回の勝利は通算2勝目。まだ名称がトロロッソだった、2008年以来のモノだ。しかも当時もここモンツァでの勝利だった。

 チーム代表のフランツ・トストは、チームのプレスリリースに喜びを語った。

「セバスチャン・ベッテル選手とのモンツァでの勝利から12年後に、スクーデリア・アルファタウリとして再びモンツァで、今度はピエール・ガスリーとその歴史を再現することができた」

 トスト代表はそう語った。

「戦略面で、チームはセーフティカー導入の1周前にピエールをピットインさせるという素晴らしい仕事をしてくれた。この時点では正しいかどうかは分からなかったが、後から見てみれば、これによりピエールは赤旗中断後に3番手からスタートし、1コーナーで(ランス)ストロール(レーシングポイント)選手をオーバーテイクできたわけなので、完全に正しい判断だったと思っている」

「その後、(ルイス)ハミルトン(メルセデス)選手がペナルティにより後退したことで、ピエールはトップを走ることになり、後ろから迫る(カルロス)サインツ(マクラーレン)選手をチェッカーまで抑えきりました。ピエールは非常に素晴らしい仕事をしてくれたと思います」

 なおこの日のレースではアルファタウリのもうひとりのドライバー、ダニール・クビアトも9位入賞……ダブル入賞を果たした。

「ダニ(クビアト)も、タイヤ交換で若干の不運はあったが、とても力強いレースをして、ポイント圏内でフィニッシュできた。もう少し遅いタイミングでピットインしたかったが、それでもトップ10でレースを終えてくれた」

 トスト代表は、ホンダの協力にも感謝しつつ、次戦ムジェロでも好結果を目指すことを誓った。

「今日の結果は考えうる最高のものですし、本当にうれしく思っている。また、素晴らしいエンジンとチームワークを見せてくれたホンダにも感謝の言葉を贈りたい」

「ここからは気持ちをムジェロに切り替え、次も良いレースを見せたいと思う」

Read Also:

【動画】ガスリー&アルファタウリ・ホンダ初優勝! 2020F1第8戦イタリアGP決勝ハイライト

前の記事

【動画】ガスリー&アルファタウリ・ホンダ初優勝! 2020F1第8戦イタリアGP決勝ハイライト

次の記事

ホンダとアルファタウリに感謝してもしきれない! ガスリー、劇的なF1初勝利に感激

ホンダとアルファタウリに感謝してもしきれない! ガスリー、劇的なF1初勝利に感激
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
サブイベント Race
ドライバー ダニール クビアト , ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ