F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

長い道のりだった……初表彰台アルボン「チャンスを逃すものかと”火”がついた」

シェア
コメント
長い道のりだった……初表彰台アルボン「チャンスを逃すものかと”火”がついた」

トスカーナGPでF1初表彰台を手にしたレッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、3位を巡る戦いを楽しんだと語った。

 ムジェロ・サーキットでのF1初開催となった、2020年の第9戦トスカーナGP。レースは近年稀に見る大サバイバル戦となった。

 赤旗中断2回、完走僅か12台……そんな波乱のレースを制したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。チームメイトのバルテリ・ボッタスが2位に入り、メルセデスが1-2フィニッシュを果たした。

Read Also:

 これに次ぐ3位に入ったのは、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンだった。昨年後半からレッドブルに加入したものの、なかなか表彰台にたどり着くことができなかったアルボン。アルファタウリ降格の噂話も絶えなかったが、それを覆す形での初表彰台となった。

「ここまで来るのは長い道のりだったが、とても嬉しい」

 アルボンはチームのプレスリリースにそう語った。

「常に目指してきたことだったが、色々なことがあってたどり着けなかった。今日表彰台に立てたのは特別に感じる。このチームに来てからずっとサポートしてくれたことに対する恩返しになったのも良かったし、僕の力を示すことができたと思う」

 とはいえアルボンは、厳しいレースだったと振り返る。

「タフなレースで、簡単ではなかった。このコースは厳しく、特にセクター2は高速コーナーが続く。何度もリスタートがあり、多くのことに対応しなければならなかった。グリッドからの発進に苦戦していたから、アグレッシブにオーバーテイクしていかなければならないと思っていた……でも、マシンは本当に良かったし、ブレーキングも良かった。それをアドバンテージとして活かしたんだ」

「最後のリスタートではポジションを2つ落としたが、表彰台に立つチャンスを逃してなるものかと火がつき、3位を目指して激しくプッシュした。今日の結果はとても嬉しい」

 アルボンは、ルノーのダニエル・リカルドとの争いを制し、3位表彰台を手にした。曰く、彼はそのバトルを楽しんだようだ。

「良い戦いだったよ」

 アルボンはレース後のTVメディア向け会見でそう語った。

「僕らはラインを外すことができなかった。だからラインをあまり逸れずに、ほとんどのオーバーテイクを成功させなければいけなかった。でも僕らのマシンは、ブレーキングに優れていたんだ」

「僕らはそういう動きができるということは分かっていた。そして、ドライブするのは楽しかった」

Read Also:

アルボン、ムジェロで初表彰台。ホンダ田辺TD「表彰台を獲ってくれという想いだった」

前の記事

アルボン、ムジェロで初表彰台。ホンダ田辺TD「表彰台を獲ってくれという想いだった」

次の記事

初優勝から一転、ムジェロでまさかの無得点……ガスリー「決勝では巻き返しを狙っていた」

初優勝から一転、ムジェロでまさかの無得点……ガスリー「決勝では巻き返しを狙っていた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
サブイベント Race
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム レッドブル・ホンダ