アルファタウリF1代表、2022年以降も”ホンダのPU技術”を使えることを喜ぶ

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、2022年以降もレッドブル・パワートレインズを通してホンダのパワーユニット技術を継続して使えることを喜んだ。

アルファタウリF1代表、2022年以降も”ホンダのPU技術”を使えることを喜ぶ

 今季限りでF1活動を終了させるホンダ。しかしF1委員会で2022年以降のパワーユニット(PU)開発凍結が決定したことを受け、現在ホンダ製PUを使うレッドブルは、レッドブル・パワートレインズを設立することを発表。ホンダのPU技術を引き継ぎ、2022年以降は”レッドブル製”PUを使ってF1参戦を継続することになった。

Read Also:

 同じホンダ製PUを使うアルファタウリも、来季以降はこのレッドブル製PUを使うことになる。この件について同チームのフランツ・トスト代表がコメントを発表。考えられる最高の選択肢だったと語った。

「ホンダは、非常に競争力のあるパワーユニットを実現するために、ハイブリッド技術に精力的かつ集中的に投資を行なってきた。我々の関係は常にとても効率的で、幸せなモノだった」

 トスト代表はそうコメントした。

「2022年のはじめから、新たに設立されたレッドブル・パワートレインズが運用するホンダのパワーユニットのテクノロジーを引き続き使えることになり、嬉しく思っている。PUを組織内で運用するためのインフラを整えることで、レッドブルは独立性とパフォーマンスの両面で、新たなレベルに入る」

「そして来年からのPU開発凍結に合意してくれたFIAとFOM、そして全てのチームに感謝したい。この結果は、2025年に次世代のエンジンが導入されるまで、レッドブルとアルファタウリにとって、最良の解決策だと信じている」

「またホンダが昨シーズン、できる限り最高の結果を達成するために動いたことは、大きな刺激となっている」

 なおレッドブル・パワートレインズが2022年に運用するPUも、ホンダが開発を行ない、2022年シーズン開幕前に引き渡す予定になっている。

Read Also:

シェア
コメント
F1オーストラリアGPの開催地アルバートパークがレイアウト変更へ。追い越し増加に繋がるか

前の記事

F1オーストラリアGPの開催地アルバートパークがレイアウト変更へ。追い越し増加に繋がるか

次の記事

レッドブル、フェルスタッペンとの契約に”解除条項”の存在認める「ただ重要なのは人間関係」

レッドブル、フェルスタッペンとの契約に”解除条項”の存在認める「ただ重要なのは人間関係」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム アルファタウリ・ホンダ