F1アゼルバイジャンGP決勝速報:レッドブルのペレスが移籍後初優勝、角田は自己最高7位フィニッシュ

F1アゼルバイジャンGPの決勝レースは、レッドブルのセルジオ・ペレスが優勝した。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は自己最高の6位でチェッカーを受けた。

F1アゼルバイジャンGP決勝速報:レッドブルのペレスが移籍後初優勝、角田は自己最高7位フィニッシュ

 2年ぶりに帰ってきたF1第6戦アゼルバイジャンGP。バクー市街地コースで行われた決勝レースを制したのはレッドブルのセルジオ・ペレスで、移籍後初表彰台かつ初優勝となった。

 レース大半をトップで周回していたのはマックス・フェルスタッペンだったが、レース終盤に左リアタイヤのパンクによりクラッシュアウトし、ノーポイントでレースを終えた。

 クラッシュによる赤旗はスタンディングスタートでの再開となり、モナコGPから好調を見せているアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルが2位表彰台、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが3位表彰台に滑り込んだ。

 フェルスタッペンをタイトル争いを繰り広げるメルセデスのルイス・ハミルトンは再開後のターン1でオーバーランし、優勝のチャンスを逃した。

 キャリアベストの決勝7番手グリッドからスタートしたチームメイトの角田裕毅は、7位でチェッカーを受け自己最高位のフィニッシュを果たし、チームとしても多くのポイントを稼いだ。

 ホンダとしては、5回目の開催となった2.2kmという長い直線を持つアゼルバイジャンGPで初優勝を遂げた。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Mexico セルジオ ペレス 51 -       25
2 Germany セバスチャン ベッテル 51 1.385 1.385 1.385   18
3 France ピエール ガスリー 51 2.762 2.762 1.377   15
4 Monaco シャルル ルクレール 51 3.828 3.828 1.066   12
5 United Kingdom ランド ノリス 51 4.754 4.754 0.926   10
6 Spain フェルナンド アロンソ 51 6.382 6.382 1.628   8
7 Japan 角田 裕毅 51 6.624 6.624 0.242   6
8 Spain カルロス サインツ Jr. 51 7.709 7.709 1.085   4
9 Australia ダニエル リカルド 51 8.874 8.874 1.165   2
10 Finland キミ ライコネン 51 9.576 9.576 0.702   1
シェア
コメント
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 決勝ライブテキスト
前の記事

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 決勝ライブテキスト

次の記事

【F1動画】第6戦アゼルバイジャンGP決勝ハイライト

【F1動画】第6戦アゼルバイジャンGP決勝ハイライト
コメントを読み込む