角田裕毅、ハンガリー初日はクラッシュで走行時間失う「リヤがとてもナーバスだった。全て自分のせい」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1ハンガリーGP初日を終えて「がっかりしている」とコメントした。

角田裕毅、ハンガリー初日はクラッシュで走行時間失う「リヤがとてもナーバスだった。全て自分のせい」

 ハンガロリンクで行なわれたF1ハンガリーGP初日。アルファタウリの角田裕毅にとっては、FP1でウォールにヒットする場面もあったため、満足とは言えない1日となった。

 角田はFP1を通してリヤの挙動のナーバスさに苦しめられていた。ハードタイヤを履いたセッション序盤ではターン9でスピンしてしまい、ピットへ。その後ソフトタイヤを履いて周回し、トップ10圏内のタイムを出していたが、残り20分を切ったタイミングで再度スピン。今度はターン4で挙動を失った結果、ウォールにヒットしてしまい、マシンを降りることとなった。

 この影響で角田のマシンはギヤボックスにもダメージがあったようで、同日午後にスタートしたFP2でもセッションの大半を修復作業に使う羽目となってしまった。ただチームの懸命な作業の結果、終了間際にコースインする事ができ、全体17番手タイムとなる1分19秒671を記録する事ができた。

「今日は本当にがっかりしています」

 角田はホンダのリリースにそうコメントした。

「マシンのリヤがとてもナーバスな感じで、特に高速コーナーでその傾向があり、ピエール選手と比較して僕が大きくタイムをロスしている部分でした。これを改善しようとトライしていましたが、マシンのコントロールを失ってウォールにヒットしてしまいました。不運にもギヤボックスにダメージがあり、午後に走行するためにはチームに大きな労力を強いてしまいました」

「メカニックたちが素晴らしい仕事ぶりでセッション終了前に修復を完了してくれて、FP2では1ラップのアタックをすることができました。僕にとってもエンジニアにもこのデータが役に立つので、今夜しっかりと確認していきます」

 また角田はmotorsport.comに対して、今回のクラッシュが「全て自分のミス」だと認め、ここから学ぶ必要があると語った。

「改善をしようとした結果、ウォールにぶつかってしまいましたが、それでもあれはやってはいけないミスでした。ひとつのセッションをほぼ完全に無駄にしてしまいました。ここから学ばないといけません」

「明日はコンディションも変わると思います。どうなるかは分かりませんが、今日失った時間を準備によって補う必要があると思います。明日どうなるかを見ていきたいですね」

 

Read Also:

シェア
コメント
ホンダ田辺TD「フェルスタッペンのPUはクラッシュ影響なく機能」前戦イギリスで51G衝撃も

前の記事

ホンダ田辺TD「フェルスタッペンのPUはクラッシュ影響なく機能」前戦イギリスで51G衝撃も

次の記事

ハミルトン、連勝も視野に? ハンガリー初日メルセデスワンツーに「いいスタートが切れた」と楽観視

ハミルトン、連勝も視野に? ハンガリー初日メルセデスワンツーに「いいスタートが切れた」と楽観視
コメントを読み込む