F1エミリア・ロマーニャFP3速報:フェルスタッペンがトップタイム、ガスリー6番手、角田11番手

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行3回目は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は11番手だった。

F1エミリア・ロマーニャFP3速報:フェルスタッペンがトップタイム、ガスリー6番手、角田11番手

 F1第2戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行3回目がイタリアのイモラ・サーキットで行なわれた。トップタイムをマークしたのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)で、タイムは1分14秒958だった。

 2番手に続いたのがマクラーレンのランド・ノリス。フェルスタッペンとのタイム差は0.456秒差だった。3番手はルイス・ハミルトン(メルセデス)、4番手はセルジオ・ペレス(レッドブル)が入り、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が5番手となった。

 6番手に入ったのはアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー。ガスリーはフリー走行3セッション全てでトップ6以内に入るなど、好調をキープしている。チームメイトの角田裕毅はトップから1.272秒差の11番手でFP3を終えた。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 18 1'14.958     235.764
2 United Kingdom ランド ノリス 17 1'15.414 0.456 0.456 234.338
3 United Kingdom ルイス ハミルトン 18 1'15.515 0.557 0.101 234.025
シェア
コメント
アルファタウリ、小柄な角田裕毅のためにコックピットを調整。”特別なペダルケース”を用意

前の記事

アルファタウリ、小柄な角田裕毅のためにコックピットを調整。”特別なペダルケース”を用意

次の記事

【F1メカ解説】エミリア・ロマーニャGP初日に激写されたマシンの“裏側”

【F1メカ解説】エミリア・ロマーニャGP初日に激写されたマシンの“裏側”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント エミリア・ロマーニャGP