マクラーレンの大株主、マンスール・オジェ亡くなる。享年68歳

マクラーレンの大株主を長年にわたって勤めてきた、TAGグループの総帥でもあるマンスール・オジェが亡くなったことが発表された。68歳だった。

マクラーレンの大株主、マンスール・オジェ亡くなる。享年68歳

 マクラーレンの株主であり、TAGグループを率いてきたマンスール・オジェが亡くなったことがマクラーレン・レーシングから発表された。68歳だった。

 オジェは父親が立ち上げた技術集団であるTAG(テクニーク・ダバンギャルド)を率い、このブランドを用いてモータースポーツに参入。当初はウイリアムズへのスポンサードという形でF1への関与をスタートさせた。その後はマクラーレンと組み、1984年には同社の株主となった。

 ロン・デニスが株式を売却した後も、バーレーンの王立ファンドであるマムタラカトや、ニコラス・ラティフィの父親であるマイケル・ラティフィらと共に、マクラーレン・グループの主要な株主となっていた。

 ただオジェは、長く体調不良と戦っており、2013年の後半には肺疾患に苦しみ、肺移植手術も受けている。体調が戻った後もマクラーレンでの業務を続けていたが、2020年にはチームの取締役の座を息子のスルタンに譲っている。

 そして6月6日の早朝、スイスのジュネーブで、家族に見守られながら亡くなったという。

 マクラーレンは今回の発表に際し、次のように哀悼の意を発表している。

「マクラーレン・レーシングの全員が、彼の家族と共に彼の死を悼み、チームは心から、哀悼の意を表する」

 

Read Also:

シェア
コメント
2戦連続ポール獲得のルクレール「ポールラップは酷かったけど……決勝は最高の仕事をしたい」
前の記事

2戦連続ポール獲得のルクレール「ポールラップは酷かったけど……決勝は最高の仕事をしたい」

次の記事

予選自己最高位のガスリー、好調アルファタウリ・ホンダの要因に「答えはまだない」と語る

予選自己最高位のガスリー、好調アルファタウリ・ホンダの要因に「答えはまだない」と語る
コメントを読み込む