F1新車”雑感”解説:マクラーレンMCL35M。メルセデスのPUはやっぱりコンパクト?

最初に2021年用F1マシンを発表したマクラーレン。今季はマシンの開発に厳しい制限があるが、空力面は比較的自由であり、よく見れば各所に変更が加えられている。

F1新車”雑感”解説:マクラーレンMCL35M。メルセデスのPUはやっぱりコンパクト?

 ニューマシンが発表され始めると、F1のシーズン開幕がもうすぐだなと改めて感じる。まだ1ヵ月以上先ではあるが……。

 2021年、一番最初にニューマシンを発表したのはマクラーレン。イギリス・ウォーキングのファクトリーから、2月15日(現地時間)にオンラインで発表イベントを実施。その新車MCL35Mの姿を全世界に向けて明らかにした。そして翌16日には、シルバーストン・サーキットでシェイクダウンを実施する予定である。

Read Also:

 昨年は新型コロナウイルス蔓延の影響により、各F1チームは財政的に大きな打撃を受けた。そのためコストを削減すべく、モノコックなどマシンの多くの部分で、2020年マシンのモノを継続使用することになっている。

 発表されたMCL35Mも、一見したところ2020年のMCL35とうりふたつ。ノーズ先端も、昨シーズン後半に使っていた”メルセデスタイプ”になっている。ただ細かい所を見ていくと、各所に違いが存在するのがわかる。

 まず一番わかりやすいのがフロアだ。タイヤへの負荷を削減すべく、ダウンフォースの発生量を減らすために、今季はフロアが後方へ向けて斜めに切り取られることになっている。MCL35Mのフロアもこれに従い、前端から後端に向けて斜めのラインを描くようになっている。また昨年までは存在が許されていたフロア上の穴も制限され、実にシンプルになった。

 これらによりフロアの面積が減るだけでなく、フロア下を流れる気流に、外部の乱れた気流が悪影響を及ぼすのを避ける”エアカーテン”を生み出すのが難しくなるはず。これに各チームがどう対処しているのか、興味深いところだ。

 また、MCL35でも非常にコンパクトにまとめられていたエンジンカウルやサイドポンツーンが、より小さくなったように感じられる。

 マクラーレンはパワーユニットを、昨年まで使っていたルノー製からメルセデス製にスイッチ。その影響か、サイドポンツーンの中程下部に存在していた膨らみがなくなっているように思われる。この部分にボディワークがなくなれば、狭くなったフロア上の気流の通り道を確保するという意味でも非常に有効であるように感じられる。

 これを実現するためには、PUのコンパクト化は必要不可欠なはず。つまりは、メルセデス製PUが小さいという証左であるようにも思える。

 ボディワークの後端部は、上部が幅広く、下部が著しく抉られた形状になっている。これは昨年モデルからの踏襲だが、前述のフロア上の気流を、この部分に積極的に流し、ディフューザーの効果を高めることを目指しているものと考えられる。

 テクニカルディレクターのジェームス・キーも、MCL35Mの発表イベントの際に公開された動画の中で、このマシンの後部、リヤタイヤ前の開発が非常に重要であることを語っている。

 またその他の部分では、ハロの付け根部分に変更が加えられているようだ。

 MCL35では、このハロのコクピット側面の取り付け部の後端は、急激な角度でボディワークと一体化するような処理が施されていた。しかしMCL35Mでは、ハロの膨らみがそのまま後方まで延長させるような形状になった。これは間違いなく、気流をガイドするエアダムのような役割を果たしているはずで、その後方もこのエアダムを受けるような形でエンジンカウルに段が設けられており、これがリヤウイングにまで続いている。

 ウイングなどについては開発が可能な部分であり、シェイクダウンやテスト、そして開幕戦と、異なるバージョンが登場するはず。今回発表されたマシンとは、まるで別物になっているかもしれない。

 昨シーズンはコンストラクターズランキング3位になったマクラーレン。メルセデス、レッドブルのトップ2とは大きな差があったが、これを縮める1年となるのか? 全てはこのMCL35Mの出来にかかっている。

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル、2022年以降もホンダ製PU使用継続。新会社レッドブル・パワートレインズ設立

前の記事

レッドブル、2022年以降もホンダ製PU使用継続。新会社レッドブル・パワートレインズ設立

次の記事

レッドブルが継続使用のホンダPU、2022年からの名称は“レッドブルPU”に?

レッドブルが継続使用のホンダPU、2022年からの名称は“レッドブルPU”に?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 田中 健一