チャンスは1回だけ。パワーユニット開発の重要性は、例年以上に高まる?

レッドブルは、ホンダのパワーユニットのプロジェクトを引き継ぐため、2022年以降の開発凍結を訴えている。これが認められれば、この冬の開発が、今後数年にわたって影響を及ぼす可能性がある。

チャンスは1回だけ。パワーユニット開発の重要性は、例年以上に高まる?

 新型コロナウイルスの感染拡大により、レース数が削減されることになった2020年のF1。この影響はチームにとっては甚大であり、特にレース数が少なくなったことにより収入が減少……財政的な困難に直面することになった。

 これに対処するため、支出削減を目標に、F1はマシンの開発凍結を決定。本来2021年からの導入が予定されていた大幅なレギュレーション改定が1年延期され、さらにマシンの基本的な部分は2020年から2021年にかけて継続すること、さらにパワーユニット(PU)も、シーズン中の開発が大幅に制限されることになった。

 この影響を最も大きく受けたのはフェラーリである。別の記事でもお知らせした通り、フェラーリは2020年シーズン開幕時に、PUのパフォーマンスが大きく劣っていることを認識。しかし開発が凍結されていたため、この分野で取り戻すのはほぼ不可能だった。

 ただ2020年シーズン閉幕から2021年シーズン閉幕までの間に、1回に限るもののPUの各コンポーネントのアップデートが許されている。フェラーリはもちろん、各パワーユニットメーカーは、その1回のチャンスに全てを注ぎ込むため、このオフの間も懸命な開発を続けている。今後は2021年シーズン後から2022年シーズン末まで、また2022年シーズン後から2023年シーズン末まで、それぞれ1回ずつアップデートを行なうことが認められている。

 これを改めようとしているのがレッドブルである。レッドブルはホンダのPUを使っているが、そのホンダは2021年シーズン限りでF1活動を終了させることを決めている。レッドブルはホンダが去った後もホンダのプロジェクトを引き継ぎ、同PUを使い続けることを目指しているが、レッドブルにPUを開発し、アップデートできるだけの資金とリソースはない。

 そのためレッドブルは、2022年から新たなレギュレーションが導入されるまでの間、PUの開発を全面的に凍結させるよう、働きかけを行なっているのだ。

 メルセデスなどはこのレッドブルの提案に賛同していると見られるが、物事はそう簡単ではない。ルノーは2022年に新たなエンジンを投入することを目指している。そのため、開発凍結の時期が早まるのに応じて、開発スピードを変更するということを受け入れるのは簡単ではないはずだ。

 最終的に何らかの妥協案が構築されることになるかもしれないが、その結論は、レッドブルのF1における将来を大きく左右するものになるかもしれない。

 ただ2021年シーズンに向けては、ホンダがメルセデスとの差を埋めるためにどれほどの仕事を成し遂げたのか……それが大いに注目される。ただレッドブルのドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、ホンダの進歩に大いに自信を持っているようだ。

「彼らはとても前向きだ。他のチームだって止まっているわけじゃない。でもホンダは、改善するために本当に一生懸命働いている。だからもちろん、少しでも差を縮めることができればいいね」

 フェルスタッペンはそう語っている。

 バーレーンでのテストと開幕戦に向けたカウントダウンは、着々と進行している。ただ各チームが注力しなければならないのは、シャシーだけではない。PUの開発も重要……しかもレッドブルが主張する2022年以降の開発凍結が決まれば、その重要度はなおさら高くなってくるはずだ。

Read Also:

シェア
コメント
「メルセデス育成加入はプレッシャーではない」ベスティ、2年目のFIA F3で王座目指す

前の記事

「メルセデス育成加入はプレッシャーではない」ベスティ、2年目のFIA F3で王座目指す

次の記事

20人中6人が感染……F1ドライバーに新型コロナウイルス感染者が多いのはなぜか?

20人中6人が感染……F1ドライバーに新型コロナウイルス感染者が多いのはなぜか?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble