ホンダF1田辺豊治TD「順調な1日。良い結果を得られるよう、全力で臨む」|F1バーレーンGP金曜日

F1開幕戦バーレーンGPの初日を終え、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターがコメント。スムーズな1日になったと語った。

ホンダF1田辺豊治TD「順調な1日。良い結果を得られるよう、全力で臨む」|F1バーレーンGP金曜日

 2021年のF1開幕戦バーレーンGPの初日、ホンダのパワーユニット(PU)を使うレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、フリー走行1回目と2回目の両セッションでトップタイムを記録した。

Read Also:

 またレッドブルのみならず、同じホンダPUユーザーであるアルファタウリ勢も好調な走りを披露。ホンダとしては、幸先の良い出だしとなったと言えよう。

「開幕戦の初日となった今日は、4台のマシンとも、基本的に順調に走行し、スムーズな1日となりました」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、ホンダのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「例年とは異なり、2週間前に行われたプレシーズンテストと同じサーキットでの開幕戦ですので、PU・車体ともにある程度のセッティングのベースができた上で臨んでいます」

 なお金曜日の2セッションは、昨年まではそれぞれ90分間で実施されていた。しかし今季は60分に短縮。非常に忙しいセッションとなった。

「今年からP1とP2の走行時間が各90分間から各60分間に短縮されていますが、それに合わせたプログラムの中で設定を行い、PUのセッティングに関しても予定通り進めることができています。F1初走行のルーキー角田(裕毅)選手を含む4名のドライバーともに、順調な1日だったと思います」

「明日の予選に向けて今晩十分にデータを確認し、最適化を図り、良い結果を得られるように全力で臨みます」

 

 

Read Also:

 

シェア
コメント
F1バーレーンFP2:”四強”時代到来? フェルスタッペン首位もノリス肉薄。角田裕毅はガスリー上回る7番手

前の記事

F1バーレーンFP2:”四強”時代到来? フェルスタッペン首位もノリス肉薄。角田裕毅はガスリー上回る7番手

次の記事

メルセデス、テスト時より改善も不安定なリヤを懸念「ライバルとのドッグファイトになる」

メルセデス、テスト時より改善も不安定なリヤを懸念「ライバルとのドッグファイトになる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
サブイベント FP2
チーム レッドブル・ホンダ , アルファタウリ・ホンダ