F1ベルギーFP2:フェルスタッペンがトップタイムも最終盤でクラッシュ、アルファタウリ角田は12番手

F1第12戦ベルギーGPのフリー走行2回目が行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムを記録した。

F1ベルギーFP2:フェルスタッペンがトップタイムも最終盤でクラッシュ、アルファタウリ角田は12番手

 2021年シーズン後半となるF1第12戦ベルギーGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップで金曜日を締めくくったのは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)だった。

 ベルギーのスパ・フランコルシャンで行なわれる第12戦ベルギーGP。山間部が故に天気予報はあくまでも目安にしかならないが、グランプリのある今週末は、3日間通して雨の予報だ。

 FP1では振った雨が止み晴れ間も見えたが、セッション終盤にまたポツリポツリと雨粒がコースを濡らすなど、天候の変わりやすい“スパ・ウェザー”が早くも威力を発揮。FP2の前に行なわれたFIA F3の予選では雨が降っていたが、FP2のセッション開始時点には既に雨は上がり天候は曇り。気温は14度、路面温度は19度であった。

 インターミディエイトを履いたバルテリ・ボッタス(メルセデス)を先頭に各車は続々とコースの感触を確かめた。しかし、コースへ出たドライバーはターン1やターン5にウエットパッチはあるもののレコードラインは乾いていると判断し、ドライのハードタイヤへスイッチ。4セットしか供給されていないインターミディエイトを予選、決勝に向けて温存しておきたいという思いもあるだろう。

 各車は、雨が振らないうちに、ハードタイヤもしくはミディアムタイヤのドライ路面での感触を確かめるべく周回を重ねた。

 今回はターン4(ラディオン)とターン9でトラックリミット違反が取られることになっており、早速カルロス・サインツJr.(フェラーリ)や角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がタイム抹消となった。

 セッション30分が経過しようとする頃には、黒い雲の隙間から日差しが差す空模様に。各車はハードタイヤやミディアムタイヤから続々とソフトタイヤに履き替え、パフォーマンスランへとプログラムを移した。

 セッション20分を残し、ターン14でアタック中のエステバン・オコン(アルピーヌ)がスピン。ソフトタイヤにはフラットスポットができてしまった。その数分後にはシャルル・ルクレール(フェラーリ)が、アタック中にターン7の立ち上がりでマシンの姿勢を乱しターン8のバリアに左フロントからクラッシュ。14分を残し、セッションは赤旗中断となった。

 残り10分でセッションは再開されたが、さらにセッション残り3分を切ったところではフェルスタッペンがターン7で挙動を乱しリヤからウォールにヒット。またも赤旗が振られ、セッションはそのまま終了となった。

 FP2をトップで終えたのは、ソフトタイヤで1分44秒472を記録したフェルスタッペン。2番手にはFP1でトップだったボッタスが0.041秒差でつけた。チームメイトのルイス・ハミルトンもフェルスタッペンから0.072秒差の1分44秒544をマークし3番手に続いた。なお、メルセデス勢はミディアムタイヤで記録したベストタイムであり、まだ真の力を隠しているようだ。

 4番手にはフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、5番手にはFP1から好調のピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が並んだ。チームメイトの角田は、トップのフェルスタッペンから1.286秒差の1分45秒758をマークし12番手で金曜日を終えた。

 2度の赤旗の影響により、各車は結局ロングランの検証を満足に行なえなかった。この影響が決勝レースにどう影響してくるのか。FP3以降も目が離せない。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 12 1'44.472     241.350
2 Finland バルテリ ボッタス 14 1'44.513 0.041 0.041 241.256
3 United Kingdom ルイス ハミルトン 13 1'44.544 0.072 0.031 241.184
4 Spain フェルナンド アロンソ 15 1'44.953 0.481 0.409 240.244
5 France ピエール ガスリー 17 1'44.965 0.493 0.012 240.217
6 Canada ランス ストロール 14 1'45.180 0.708 0.215 239.726
7 France エステバン オコン 15 1'45.302 0.830 0.122 239.448
8 Germany セバスチャン ベッテル 16 1'45.336 0.864 0.034 239.371
9 United Kingdom ランド ノリス 18 1'45.386 0.914 0.050 239.257
10 Mexico セルジオ ペレス 13 1'45.404 0.932 0.018 239.216

シェア
コメント
F1ベルギーFP2速報:フェルスタッペンがトップで初日を終える。角田裕毅は12番手

前の記事

F1ベルギーFP2速報:フェルスタッペンがトップで初日を終える。角田裕毅は12番手

次の記事

ホンダ田辺TD「フェルスタッペンのPUはデータ上異常はない」スパウェザーも考慮し、最適化進める

ホンダ田辺TD「フェルスタッペンのPUはデータ上異常はない」スパウェザーも考慮し、最適化進める
コメントを読み込む