フェルスタッペンとハミルトンが”相討ち”リタイア。王者争いに遺恨残す?

F1イタリアGPの決勝レースで、タイトルを争うフェルスタッペンとハミルトンが相討ち。揃ってリタイアとなった。

フェルスタッペンとハミルトンが”相討ち”リタイア。王者争いに遺恨残す?

 F1イタリアGPの決勝レース26周目、今季のチャンピオンを争うマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)がターン1で相討ち。両者は絡まり合うようにクラッシュし、コース脇のグラベル上にストップした。両者はここでリタイアとなった。

 フェルスタッペンはレース序盤、マクラーレンのダニエル・リカルドを追って2番手を走っていたが、ピットストップの際にミスがあり、ポジションを落とした。

 そして4番手を走っていたハミルトンがピットストップを行なってコースに戻った際、フェルスタッペンと横並びに。そして両者譲らず、ターン1のシケインで接触してしまった。

 これで2台は絡まるような形でグラベルに飛び出してしまい、フェルスタッペンのマシンがハミルトンのマシンに乗り上げるような形で停止した。

 フェルスタッペンはすぐにコクピットから降りたが、ハミルトンはなんとかコースに戻ろうと、前に後ろにとマシンを動かそうとしたが、チームからの指示で諦めた。

 これで両者リタイアとなり、チャンピオン争いに遺恨を残すこととなった。

 

Read Also:

シェア
コメント
2021年 FIA F1世界選手権第14戦イタリアGP 決勝ライブテキスト

前の記事

2021年 FIA F1世界選手権第14戦イタリアGP 決勝ライブテキスト

次の記事

F1イタリアGP決勝速報:マクラーレンが久々1-2フィニッシュ! フェルスタッペンとハミルトンが”相討ち”の波乱

F1イタリアGP決勝速報:マクラーレンが久々1-2フィニッシュ! フェルスタッペンとハミルトンが”相討ち”の波乱
コメントを読み込む