角田裕毅、F3&F2で走行経験あるソチへ……「週末を通じて改善していけると自信」

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、今週末に開催されるF1ロシアGPに向けてチームのプレスリリースにコメント。走行経験のある地で、週末を通して成長していきたいと語った。

角田裕毅、F3&F2で走行経験あるソチへ……「週末を通じて改善していけると自信」

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、F1ロシアGPを前に、チームのプレスリリースにコメントを発表。FIA F3およびFIA F2で走行経験の同地で、さらに前進できるようにしたいと語った。

 角田は前戦イタリアGPの直前に、アルファタウリとの契約延長が決定。これについて改めて、チームとホンダに感謝の気持ちを述べた。

「モンツァの直前に、来年もスクーデリア・アルファタウリに残ることができることが発表されました。チームとホンダには、心から感謝しています」

 角田はそう語った。

「モンツァではFP1から、そして特に予選ではチームメイトが、マシンのパフォーマンスを発揮していましたから、本当に残念な結果でした。スプリント予選レースのフォーマットは、非常に難しいと感じました。たった1回のフリー走行で予選に直接する必要がありますからね。でもそんな中でも、良い進捗を見せることができたと思います」

 イタリアGPの後は、イギリスでのシミュレータをドライブしたり、ファクトリーで過ごしたり、MotoGPのサンマリノGPを訪れたりと多忙な日々を過ごした角田。そんな中で、ソチ・オートドロームで開催されるF1ロシアGPに向けては、良い準備ができたと語る。

「イギリスでシミュレータをドライブした数日以外は、ロシアの後はほとんどチームのファクトリーで過ごしました。今では、ロシアでの次のレースに向け、準備が整っています」

「ソチのコースは、ほとんどのコーナーが90度コーナーで、それぞれがよく似ています。その90度コーナーをドライブするための、優れたテクニックが必要だと思います」

「さらにコーナー出口からのトラクションに優れ、続くストレートで十分にスピードを出せるマシンが必要です。通常のサーキットのように感じますけど、実際にはストリートサーキットのようなモノです。週末の間にサーキットのコンディションは大きく変化しますから、ウイングの効果も大きくなります」

 今季F1デビューを果たした角田にとっては、未体験のサーキットが多かった。しかしロシアGPの舞台となるソチ・オートドロームは、F3でもF2でも走行した経験のあるコースだ。

「僕はソチでもうまくやって、週末を通じて成長していけると確信しています、僕はF3でも、そして昨年はF2でもこのソチでレースをしましたから、その時のことをよく覚えています。(F2では)ポールポジションを獲得し、フィーチャーレースでは2位になりました」

「僕は今回も段階的なアプローチを続け、サーキットとマシンがどう機能しているかについて、徐々に学んでいきたいと思います」

「今シーズンが開幕して以降、マシンはずっと良いパフォーマンスを発揮してくれていますから、心配はしていません。特に最近の6〜7レースでは、一貫して良いパフォーマンスを示してくれました」

「僕は自分のドライビングを改善することにもっと集中し、F1マシンで初めてソチを走るのを楽しみにしています」

 

Read Also:

シェア
コメント
苦しかった”あの時”があって今がある! ホンダF1田辺TD「苦労しても、そこから何かを学ぶことができる」
前の記事

苦しかった”あの時”があって今がある! ホンダF1田辺TD「苦労しても、そこから何かを学ぶことができる」

次の記事

ホンダF1、高効率&軽量化の新型ESを武器に終盤戦へ。ホンダ田辺TD「開発を大幅に前倒して、間に合わせることが出来た」

ホンダF1、高効率&軽量化の新型ESを武器に終盤戦へ。ホンダ田辺TD「開発を大幅に前倒して、間に合わせることが出来た」
コメントを読み込む