F1メキシコFP2速報:レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが初日をトップで終える。角田裕毅は8番手

F1第18戦メキシコGPのフリー走行2回目が行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイム。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は8番手だった。

F1メキシコFP2速報:レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが初日をトップで終える。角田裕毅は8番手

 F1第18戦メキシコGPのフリー走行2回目が行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が1分17秒301をマークしトップでセッションを終えた。

 2番手にはFP1でトップタイムだったバルテリ・ボッタス(メルセデス)。フェルスタッペンからは0.424秒の大差をつけられたが、チームメイトのルイス・ハミルトンを上回った。

 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)はトップから0.507秒差の4番手タイムをマークし、母国GP初優勝&初表彰台を狙える位置に付けた。

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は1分18秒644で8番手。チームメイトのピエール・ガスリーは、6番手だった。

 なお、角田はメキシコGPでパワーユニットのコンポーネントを交換。これにより決勝スタートを最後尾から迎えることが決まっている。

 
 
Read Also:

 

シェア
コメント
角田裕毅、F1メキシコGPでパワーユニット交換。ペナルティにより決勝は最後尾スタートへ
前の記事

角田裕毅、F1メキシコGPでパワーユニット交換。ペナルティにより決勝は最後尾スタートへ

次の記事

メキシコGP初日、ホンダ勢4台が好調な滑り出し。田辺テクニカルディレクター「良いペースで走れたのはポジティブ」

メキシコGP初日、ホンダ勢4台が好調な滑り出し。田辺テクニカルディレクター「良いペースで走れたのはポジティブ」
コメントを読み込む