ガスリー、アルファタウリの地元戦”イモラ”へ意気込み「開幕戦、そして昨年の”借り”を返しに」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが、チームの地元レースとも言えるエミリア・ロマーニャGPに向け意気込みを語った。昨年は4番グリッドからスタートしリタイア。今年の開幕戦もリタイア……そのふたつの”借り”を返したいと鼻息は荒い。

ガスリー、アルファタウリの地元戦”イモラ”へ意気込み「開幕戦、そして昨年の”借り”を返しに」

 2021年のF1開幕戦バーレーンGPの決勝では他車との接触によりマシンにダメージを負い、リタイアとなったアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー。しかしフリー走行から予選、そしてリタイアするまでは、中団グループ上位を確実に争える速さを見せていた。

 そのガスリーは第2戦エミリア・ロマーニャGPを前にチームのプレスリリースにコメントを寄せ、意気込みと自信を語った。

「ダニエル(リカルド/マクラーレン)との接触は別として、バーレーンGPの週末は順調に進んだ。ポジティブな面も数多くあったんだ」

 ガスリーはそう語った。

「全てのフリー走行で、僕らはフロントランナーの一角だった。予選でトップ5に入ったのも、これまでで最高の結果のひとつだ」

「パフォーマンスとスピードの面で、今週末のイモラ以降シーズンの残りのレースに向けてとても励みになる。バーレーンの結果を見れば、僕らには大きなポイントを争えるだけのパッケージがあるようだ。それが、今後のレースにも当てはまらない理由はない」

 アルファタウリは、予選Q2でガスリーと角田裕毅にミディアムタイヤを履かせるという戦略を採った。角田はこれがうまくいかず予選Q2敗退となったが、ガスリーは無事に突破。Q3では5番グリッドをもぎ取った。

「チームの自信の表れのひとつは、ミディアムタイヤで予選Q2に挑んだことだ。それを可能にしたのは、2台のメルセデスとマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だけだった。リスクのある選択だったが、これは僕らのマシンとそのパフォーマンスレベルに対する自信を示している。今は、他のサーキットでも同じことができることを願っている」

 ガスリーは第2戦の舞台イモラはお気に入りのサーキットだと語り、昨年予選で好グリッドを手にしながら、決勝ではリタイアとなった借りを返したいと語った。

「僕のお気に入りのサーキットのひとつであるイモラに向かう。大好きなコースだ。リズムを持って挑むことができる高速コーナーが多くあり、それはとてもテクニカルだ。そしてコーナーが多いので、とても忙しい」

「去年このコースでは2列目と、最高の予選結果を手にした。残念ながら決勝では、問題が発生して早々にリタイアしてしまった。それまではとても良い週末だったから、今年その無念を埋め合わせることができたらと思っている」

「現時点で良いペースがあるとしても、チームは開幕戦以来懸命に作業を続けている。まだ改善できる部分があるからね。しかしまだシーズンは開幕したばかり。誰もがマシンの理解を進め、最適化する方法を掴んでくれば、前進する可能性がある。だから僕らも、その歩みを止めないように、懸命に努力しなければいけないんだ」

「正直言って、この3週間の休みは長く感じた。次のレースが待ちきれないよ。これからも、次々にレースが行なわれていく。どんな結果が得られるのか、楽しみだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ホンダF1の田辺TD、アルファタウリのホーム戦イモラに向け「我々ホンダも一段と士気を高くして臨む」

前の記事

ホンダF1の田辺TD、アルファタウリのホーム戦イモラに向け「我々ホンダも一段と士気を高くして臨む」

次の記事

F1のドメニカリCEO、昨年イモラでテストした短縮フォーマットの導入を否定

F1のドメニカリCEO、昨年イモラでテストした短縮フォーマットの導入を否定
コメントを読み込む