角田裕毅、サウジアラビア初日はハードタイヤで8番手「とても力強いペースだと思う」

F1サウジアラビアGPの初日、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、フリー走行2回目でハードタイヤながらも8番手タイムを記録。本人もマシンのペースには、手応えを感じているようだ。

角田裕毅、サウジアラビア初日はハードタイヤで8番手「とても力強いペースだと思う」

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1サウジアラビアGPのFP1を15番手、FP2を8番手で終えた。欲にFP2でのタイムはハードタイヤで計測したものであり、セッション中は一時首位に立つシーンもあったため、大いに期待を持てる初日の走行だったと言えよう。

 角田自身も、サウジアラビアでの初日の走りに、手応えを感じたようだ。

「とても楽しいサーキットなので、今日は楽しむことができました。特にセクター1は楽しかったです」

 角田はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「こういうコーナーがあるようなサーキットで走ったことはありません。だから、とても特別なことに感じます」

 なおFP2でハードタイヤで8番手タイムを記録した角田だが、マシンのフィーリングについてはポジティブだと感じているものの、他のコンパウンドに適応するためにまだまだすべきことがあると語る。

「今日のペースはかなり良かったと思います。ハードタイヤはすでにうまく機能していますが、マシンを他のコンパウントにも適応させる必要があると思います。だから、やるべきことがまだいくらか残っています」

「でも全体的には、これまでのところかなり力強いと思います。ロングランを走り切ることはできませんでしたが、今日のパフォーマンスは、ポジティブだと感じています」

 
Read Also:

シェア
コメント
フェラーリのルクレール、サウジアラビアFP2終盤に大クラッシュでマシンを大破「チームに申し訳ない」
前の記事

フェラーリのルクレール、サウジアラビアFP2終盤に大クラッシュでマシンを大破「チームに申し訳ない」

次の記事

フランク・ウイリアムズ追悼のため、名車『FW07』がF1サウジアラビアGPで特別走行へ

フランク・ウイリアムズ追悼のため、名車『FW07』がF1サウジアラビアGPで特別走行へ
コメントを読み込む